来年、自宅を撤去し、マンションを建築するのですが、オーナールームの床を無垢材にしたいと、考えています。建築業者に言わせますと、無垢材は、反ってくるから、修正などすると、お金が、かかりますよと、言います。本当に、無垢材を使うと反りがでてくるのでしょうか?輸入住宅で無垢材のフローリングを見てぜひあのようにしたいと思っていますが、当サイトに紹介されている、チーク無垢材を使用すれば大丈夫でしょうか?教えていただきたいのでよろしくおねがいします。


 
 

 ポイント 

無垢材を使うと反りが出るか、ということですが材種および施工処理方法により違ってきます。
例えば針葉樹系(杉、樅、松など)の板は木目の白い部分が柔らかく反りやすい、ですが一般的に真っ直ぐ育っていますから木目が揃っている。広葉樹系(桜、メープル、楢など)は木が固く木目が詰まっており反りにくいですが、真っ直ぐな材が少ない。などです。

 
また施工方法でも違ってきます。フローリングの合わせ目にきちんと実(さね、噛み合わせる溝のこと)が切ってあるかどうか、下地(フローリングの下)にしっかり緊結されているかどうかも関係があります。

本来、木は多少は必ず反るものです。もともと木は反る前提で日本の建築も海外の建築も施工方法や取り付け方法が決まっていたのですが、この20〜30年の間に一般的に合板が普及し、合板はほとんど反りませんから、それが普通になり、一般の方々がフローリングや家具、ドア材は反らないものがいい、反り=スキマ=不良品=施工ミス と短絡的に受け止めるような傾向が出てきたのです。(特に日本ではその傾向が強いです。もともとオボン、座卓、仏壇などの最高級の工芸品などでこのスキマがない状態を体験していたことも関係があるかもしれません)

そのため、施工会社のほうも無垢材の反りを「スキマじゃないか?不良品じゃないか?」といわれるくらいなら合板を勧めよう、といった傾向にあります。

また施工する大工さんの立場からは、合板のフローリングは表面こそ固い木が使ってありますが芯はラワンなどの柔らかい木になっていますから切断、釘打ちも楽ですし、道具の消耗度合も少ないといったことがあります。

より反りの少ない素材としては、固い木で木目の通っているものがいいでしょう。
チーク、カリン、ローズウッドなどです、が全く反らないわけではありません。もっとも反りにくい木のひとつです。

 

 


back

 

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com