建築専門家のコラム

 「建て売り」ついて  


 ( 東京都渋谷区 ・ (株)空間設計社 )

 

知恵

 

 

 

 

 

 

 

建て売りの住宅を購入する際の注意事項は?

    構造材や下地材が既にチェック出来ないことは大きな問題です。私たちが見る限り、かなり問題の大きい施工をしている現場も確かにあります(業界として大変残念な事ですが)。そこでとにかく身近の専門家に相談されることを強くお薦めします。(専門家ならば隠れている部分もある程度予想が出来るものです。)またその施工会社の他の物件を見る事も大いに参考になるでしょう。

建て売りの場合に心配される建物の問題とは?

    (建て売りに限りませんが)構造計画が不適切なため建物の揺れが大きいケース、設備配管(特に排水設備系)に問題があるケース、使用材の耐久性に難があるケースなどが考えられます。

いわゆる「売り建て」のケースも多いと思いますが?

    最近、販売上のリスクを回避するため、買い手が見つかってから買い手の希望を一部反映させ工事着手する「売り建て」が多くなっています。ただ十分な設計図面が無く、実際の建物も未だ無い状況で高額な買い物をすることには大きな問題があります。(分譲マンションの場合は詳細な設計図面の閲覧が可能ですが、「売り建て」住宅の場合、その辺が曖昧な事が多いと思います。)また販売会社にしても、融資が受けられるかどうか分からない、あくまでも購入予定者の希望をどこまで反映させるかは難しい所です。(特殊な条件で建物を造ってしまうと、別の買い手が探せないことになってしまいます。)

最近「売り建て」の物件ながら、販売会社との交渉サポート役として私たちがお手伝いするケースも増えています。その場合、プランニング面のアドバイスや現場のチェック、仕上材のコーディネートなどが私たちの役割となります。住まいを計画することは、本来そのプロセス自体も楽しいイベントであるはずです。その大事な部分を不動産取引の、業者側の都合であきらめないで欲しいと願います。

 

 
back
  


建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved