建築専門家のコラム

「建築条件付き」について  


 ( 東京都渋谷区 ・ (株)空間設計社 )

 

知恵

 

 

 

建築条件付きの土地を買うと自由に建物が建てられないのでしょうか?

    一応工事請負契約をその販売会社と結ぶという事なので、設計まで制約を受けるわけではありません。ただ3ヶ月と言う契約期限があるため、実際上設計時間が十分ではありません。そのため販売会社が予め用意した案をベースに少し手直しして契約するケースが多くなります。(通常、白紙状態から計画を始め、実施設計図を作成し、複数の業者見積もりを取り、見積書チェック&減額ネゴを経て工事請負契約まで至るのに3ヶ月ではとても短か過ぎます。)

建築条件付きの長所、短所は?

    工事の過程を見れるという面は建て売りに比べ大きな長所です。短所としては建物工事に関して市場の競争原理が働かないため、工事金額が高くなったり、より施工能力の高い適切な工務店を使えないと言った事が起こります。

建築条件をはずすことは可能でしょうか?

    これはケースによります。販売会社との話し合いではずした事もあります。逆に人気の高い物件などでは、面倒な注文を付ける客はお断りということも確かにあります。ただぜひ内容を十分納得した上で建物を発注して下さい。住まいは「土地のおまけ」で造るべきではありません。

「建築条件付き」かどうかによらず、本来は土地の購入に際しては、何らかの形で建築設計者のアドバイスを受けるべきです。不動産会社が事業用土地を購入する際は、事前に必ず仮設計をした上で、その土地の利用価値を見極めるのが常識です。住宅用地にあっても道路条件、各種法規制が実際にどの様に建物に影響するか(また将来影響して来るかも)をよく理解しておく事が重要です。その検証の過程で「建築条件付き」にどう対応するかの判断が出来ると思います。

 

 
back
  


建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved