money

 

 共有登記について

 

共有登記・・・マイホームの購入は高額であるため親子や夫婦、兄弟などでお金を出し合うこともあります。その際の頭金、借入金の債務負担、等で資金を出した割合によって所有権を共同で登記することをいいます。

 

メリット

・共働き夫婦の共有物件であれば、夫婦2人分の住宅ローンの控除が用され、節税効果があります。
・一般的に贈与税がかからない。
・相続税が少なくてすむ(財産が配偶者の一方に集中すると相当な額の相続税が課税される原因に)。


デメリット

・物件売却時に全員の承諾が必要
・手続きが面倒

共有登記の条件(住宅金融公庫)
 

・共有者が申し込み本人、配偶者、または申し込み本人の親族、配偶者の親族
・申し込み本人と内縁関係にある人、婚約者
・申し込み本人と同居すること(直系親族なら同居しなくてもよい)
・申し込み本人の共有部分が2分の1以上(申し込み本人と同居する共有者が連帯債務者の持ち分の合計が2分の1以上)
・共有持分にも公庫の抵当権を設定すること


 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com