money

 

 定期借地権について

 

土地の所有者(地主)から土地を借り、その土地に建物を建てることを定期借地権といいます。土地を借りる期限は50年というのが一般的です。実際に土地を買うわけではないので、購入に比べて30〜40%は安くなるようです。但し、毎月地代を地主に払うため、住宅の建設費のローンにプラスする必要がありますので注意が必要です。

定期借地権付き住宅は土地代が抑えられるため土地を購入するのに比べてかなり安く一戸建てが手に入れられるというメリットがありますが、50年後には更地にして地主に返還しなければいけません。物件価格プラス、借地保険料(借地の期限後には返してもらえます)、毎月の地代(一定ではなくその時代の経済状況によって変わることもあります)、建物の撤去費用などが必要になります。さらに、契約期間中の建て替えや増改築は地主に通知することが必要です。
50年後には資産価値はなくなりますから、これらのことを充分考慮して選択したいものです。

 


 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com