money

 

親子リレー返済


住宅ローンでは借入資格のひとつとして年齢制限があります。公的融資でも60歳を超えると借りられる期間が短くなります。返済期間が短いということは毎月の返済額が多くなったり、借りられる金額が少なくなります。

60歳は最長20年
61歳以上65歳未満は最長15年
65歳以上70歳未満は最長10年
70 歳上の人は利用できません。

そのため、一定の条件を満たすローンの後継者がいると、申し込み本人の年齢に関係なく借りることができ、最長の返済期間(60歳以上でも最長25年から35年)融資が受けられるのが「親子リレー返済」です。

条件

一定の条件を満たしている後継者とは次のようになっ ています(公庫融資の場合)。

申込者の子供であること(子供がいない場合は申込者 の親族であってもよい。ただし申込者の配偶者を除く)
申込者と同居すること(住宅の完成後ただちに同居できない場合は、将来同居を予定しているということでもよい)
定期的な収入があって60歳未満であること(現在定期的な収入がなくても、20歳以上なら学生でも可)
現在公庫融資を受けていないこと(借りていても 一括繰り上げ返済すれば可)
 

条件民間ローンの場合

・親子が同居する新築の住宅
・借り入れ時の子供の年齢が満20歳以上
・返済終了時の子供の年齢が満70歳以下
・親と子供で連帯債務をもつ
・子供が団体信用生命保険の加入出来る

民間ローンの場合

・親の年齢に制限がない
・親が単独で借りるより、融資額は多く、期間も長くが可能に
・親は団体信用生命保険に加入できない

親子ペアローン

借り入れ額を増やしたいのなら親子ペアローンを。民間のローンであります。
その特徴は
・親と子供が別々に融資を受け、相互に連帯で保証人となり担保物件を出す
・親子それぞれが団体信用生命保険に加入する
・2世帯住宅向きローン

超長期親子リレー返済(公庫融資)

住宅を建てる(購入ではありません)と、返済期間を通常よりも長く設定することができます。木造なら40年、耐火構造なら50年の長期返済が可能になります。

 条件

・耐久性のある一戸建て住宅(木造住宅の場合は高耐 久性木造住宅の要件を満たすこと)
2世帯住宅 (要件は公庫に基準を満たしていること)
・親子リレー返済の条件を満たしていること
・敷地面積が200u超、住宅の床面積は125u以上のもの

 

構造

通常の場合

超長期親子リレー返済の場合

木造

25年

40年

準耐火

30年

耐火

35年

50年

融資金利は当初30年間は通常と同じ。31年目以降は若干高くなる。(耐火構造の場合、当初35年間は同じ。36年目以降高くなる)。

 

 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com