money

 

返済可能額を算出する



返済可能額の計算


今の家賃をもとに、いくら返せるかを計算します。

                        (例)

今の家賃ほか             10万円

マイホームのためにしている貯金  2万円

ローン以外にかかる住居費(月)  3万円・・・一戸建ての場合、修繕費用の積み立て

毎月の返済額             9万円



 

ボーナス額(1回分)          50万円

貯蓄・レジャーなどに回す金額  20万円

ローン以外の住居費       14万円・・・一戸建ての場合、固定資産税・都                             市計画税の目安

 ボーナスからの返済額      16万円




ポイント

・一般的に年収の3.5〜4倍は借りられるといわれています。

・住宅ローンの融資限度額の基準となるのは収入です。融資額は利用するローンの金利と返済期間で異なります。

・住宅金融公庫の場合、必要最低月収(年収を12ヶ月で割った額の20%以内)は決められています。毎月の返済額の5倍以上は収入が必要

・物件価格、建築費の20%は自己資金として準備する必要があります。

 


 返済限度額を計算してみましょう。

    年収÷12ヶ月×20%=返済限度額
    例:年収500万円の場合
    600万円÷12×20%=10万円(毎月の返済を10万円以下にすること)
     

例えば毎月10万円の返済でどれくらい借りられるのでしょうか。

利率

20年返済

25年返済

30年返済

35年返済

3%

1.800万円

2.100万円

2.370万円

2.590万円

4%

1.650万円

1.890万円

2.090万円

2.250万円

5%

1.510万円

1.710万円

1.860万円

1.980万円

 

 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com