money

 

  資金計画・ローン返済計画(住宅編)

 

1.資金計画・ローン返済計画の考え方

 

 住宅を建築するための資金は、一般的に、自己資金と借入金によって準備されます。
資金計画にあたっては、この両者の比率をどうするか、ローンの返済計画に無理はないかといった点をよく検討しなければなりません。

 通常、自己資金の割合はなるべく多くして、最低でも諸費用・その他の費用分に加え、建物の総工事費の20%以上は自己資金で準備した方がよいと言われます。しかし、貯蓄をすべて使ってしまうようなことをすれば、後々の生活に支障をきたす恐れもあります。

また一方で、ぎりぎりのローン返済計画を立てていると、将来の出費に対応できなくなる可能性があります。住宅ローンを借りる際には、「いくら借りられるか」 ではなく、「いくらまでなら無理なく返済できるか」 という考えを優先させるのが無難。金融機関や不動産会社がローンの返済計画や返済基準を作成してくれますが、我が家のライフプランと照らし合わせて無理のないローンを組むようにしましょう。

 

 資金計画に当たっては、家族のライフプランを作成し、特に次の2点について十分考慮することが肝要です。

 @ 必要な額の貯蓄を残すこと

 A 将来の支出を適正に見込むこと

 また、今の時代、将来の所得アップや退職金などの不確実な収入を当てにしてローンの返済計画を立てることは、大きなリスクを抱え込むことになりかねません。
ローンの返済計画にあたっては、現在の実際の収入状況に基づいて、返済可能額を厳しく見積もった方がよいでしょう。

 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com