money

 

   資金計画・ローン返済計画の考え方

 

頭金が多ければ住宅ローン返済にも余裕が持てる、というのは分かっているものの、どのくらいを目標に準備したら良いのか、という声をよく聞きます。

住宅金融公庫では、物件価格の8割が融資として受けられます。(民間金融機関では物件価格の全額、諸経費等も含めた120%くらいまでの融資が受けられることもあります。)
そのため、一般的に、住宅資金の20%以上の頭金を用意するのが目安とされています。
とはいえ、最近では、なるべく多くの頭金を用意して、月々の返済を抑え、無理のない返済計画を立てる傾向が強くなっています。


住宅や土地などの購入した場合、その代金以外に、固定資産税や都市計画税といった税金、、ローン保証料、事務手数料、団信保険料、火災保険料といったローン関係費用、さらに諸費用と呼ばれる、印紙税、登録免許税、不動産取得税、仲介手数料などがかかります。あらかじめ、これらの費用を計算に入れて準備しておきましょう。
目安としては、新築住宅では 取得代金の3%〜5%中古住宅では5%〜10%が必要だといわれています。
 

 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com