money

 

ボーナス時併用返済

住宅ローンの返済には毎月1回ずつ返済する「毎月返 」と、ボーナスが支給される月にも返済でき る「ボーナス時併用返済」があります。年2回のボーナス月に返済額を増やして返済できますから、毎月の返済額を減らせるため、サラリーマンにとっては便利な返済方法といえるのでは。毎月の支払い金額を減らせるので生活に余裕が生まれる利点があります。逆に自営の方には向いていないとも考えられます。

金融機関によって振り分けの割合が違う

通常、毎月返済とボーナス返済の振り分け割合はボー ナス分について公庫融資では4割以下で50万円単位、 銀行などでは50%以下で10万円単位としています。
どの金融機関でもボーナス払いのみというのは原則と してできません。
ボーナスは景気や勤務先の業績に左右されます。今のような先行き不安な経済状況では、あまりボーナス時返済に比重を置 かないほうが無難といえるでしょう。 もし、ボーナスが減った場合、ローンが支払えなくなる可能性も出てきます。
ボーナス併用払いの場合は30%までくらいが無難といえるのではないでしょうか。

 また、ボーナス併用払い出ない場合でも、毎月の支払い額を少なくすると返済期間が長くなり、元金が一向に減らずに利息ばかり長期間払うことになりますので注意が必要です。

 


 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com