money

 

 リフォームローンについて

 

住宅金融公庫融資にはリフォームに対応したものもあります。
増改築はリフォームローン、台所や風呂場などにはクイックリフォームローンを利用します。

リフォームローンを受けることが出来る工事・・・
増築工事
  住宅部分の床面積を増加させる工事(車庫、物置、自転車置き場などの工事も含まれ)

改築工事
  建て替え工事
一部改修工事
耐震改修工事
水まわり設備の設置工事(キッチンシステム、浴槽、浴室ユニット、給湯器ユニット、暖房システム、太陽熱利用給湯システム、便器・洗面化粧ユニット、小規模合併処理浄化槽等)

修繕・模様替えの工事など
住宅本体工事の他、植樹、造園、外溝工事、塀、門、ベルコニー、車庫、網戸、フローリングの設置、瓦の葺き替え、雨戸の取り替え、畳の表替え、ふすまの張り替え等)

リフォームローンの種類と工事内容

 基本融資額

 増築改築工事

 修繕模様替え

 リフォームローン

 
政策誘導型リフォーム
 ・長寿社会対応住宅工事
 ・環境共生住宅工事
 ・長期耐用住宅工事

歴史・文化継承工事

耐震改修工事
 

 1.000万円

 500万円

 
上記以外のリフォーム
 

 530万円

 240万円

 クイックリフォームローン

 
高性能住宅部品の設置工事
 

 530万円

政策誘導型リフォーム工事・・・高齢者や身体障害者のためのバリアフリー住宅工事は基本融資の240万円に加え、最高200万円までの割増融資が受けられます。
但し、工事終了後の住宅部分の床面積が50u(共同建ては40u)以上あること。あ融資額合計が工事費の80%以内でなければなりません。返済期間は20年。返済終了時の年齢が80歳未満という条件があります。

クイックリフォームローン・・・高性能な住宅部品を設置することを条件にした融資制度。システムキッチン、浴槽・浴室ユニット、暖房システム等のリフォームで高品質・高性能の住宅部品を使った工事に対して融資が受けられます。
工事費の80%を限度に100万円以上10万円単位の融資が受けられます。返済期間は最長20年以内。


 

back
  
 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com