改正案の運用をめぐって大混乱が起きています。いまだ一般マスコミでは大きく取り上げられていません。
 去る6月20より、建築基準法の改正がおこなわれました。構造偽造問題を発端とする今回の処置ですが、偽造を防止し建築業者の信頼を取り戻すべく改正だれるべき法律が、実際の建物づくりの実情を把握しいれていない机上の理論によって、建築物の質の向上どころか、かえって品質を落としかねない事情やさらなる建設コストアップにつながる事情をはらんでいるとのご指摘を各方面よりいただいています。
実際わたくしども建築Webからの電話、メールによる取材やアンケートなどでもそういった事例が報告されています。
 実際の現場の状況から乖離した法改正と運用指針、およびその衆知の遅れにより設計や工事に携わる方々だけでなく、お施主さんや新築候補生、分譲マンション購入者、開発デベロッパー、建材メーカーにいたるまで未曾有の混乱を引き起こしかねないギリギリの状況に向かっています。
わが国のGDPの1割を占める建築産業に急激にマイナスのインパクトが加えられようとしています。
このような事情を広く知っていただくと共に、どのような対策をとったらいいのか、広く建築家の方々や建設会社・工務店の方々、施主候補の方々まで意見交換や情報把握のためにSNSを解説しました。
招待制のフォーラムとしての
改正建築基準法の緊急SNSです、どうか皆様忌憚のない意見や情報交換の場としてご利用いただけたら幸いです。 




招待メールが届いていなくて参加ご希望の方は、アンケートページからメールアドレスを入力していただくか、緊急SNS招待希望と書いてメールをお送りください招待メールをお送りします。
(平成19年9月5日 建築Web編集部)
 


    随時アンケートの一部を公開します。(初期集計結果)

    【質問1】6月20日より施行されている改正建築基準法の内容をどの程度理解していますか


    【質問2】改正建築基準法は仕事に影響を与えていますか
     


    【質問8】改正建築基準法の施行で建築物の質は向上すると思いますか
     


    【質問9】改正建築基準法の施行で構造計算書の偽造を防げると思いますか
     

    【質問10】改正建築基準法で建物の安全性や、設計事務所、施工業者、ディベロッパー、等への消費者からの信頼を回復できると思いますか

    【質問17】改正建築基準法の施行後、あなたの勤務先の業務規模は増えていますか減っていますか

 

 

 

Member

 
 

マイホーム計画中の方はユーザーメンバーズ登録についてはこちら。  Go!
 

住宅資から不動産、建材等の情報や、建築家や建設会社の情報が知りたい、相談したい。

建築専門家個人会員についてはこちら。 Go!

建築専門家会員で建築関係の会社やアトリエにお勤めの方
 

 

専門家アトリエ・事務所・企業&その代表者の方はこちら。 Go!

専門家アトリエ・事務所・企業&その代表者は「建築データーベース」に掲載できます

     

     

 

 

トップページに戻る  
  

 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com