平成19年11月13日に起こった「サイト偽装・スパム事件」について
     

    建築Webをご利用の方々に緊急のお知らせです。

    建築Webの登録建築家の先生より、「建築Webご登録のかたへ・・」という見出しにして、建築Webからのメールであるかのように装い、まぎらわしいスパムメールを送っている業者が存在しているとの連絡をいただきました。

    上記メール差出者と私どもは一切関係ありません。
    法的手段も含め対応を検討しております。

    そのメールの差出人は
    SRKソリューション 有限責任事業組合 代表 舘本 健志
    〒553-0005 大阪府大阪市福島区野田三丁目5番23号
    TEL 06-6460-0055  FAX 06-6460-0090
    新築リフォーム支援サイト サポネ ttp://sapone.jp
    サポネ 総合窓口     info@sapone.jp
    サポネ技術窓口      brog@sapone.jp

    というものらの仕業です。
    今すぐ止めるように平成19年11月13日午後5時の時点で、即刻苦情申し入れいたしました。上記業者を知る方は、このような偽装行為は今すぐやめるようにどうぞアドバイスしてあげてください。
    このメールに関する苦情などは、上記業者に向けてどうぞよろしくお願いします。

    建築業界が改正基準法の問題や、工事会社の不祥事、設計図書の問題などゆれている時期に建築系のITサイトにおいても偽装をおもわすような行為があったことを非常に残念に思います。
    サイト運営をこの7年間淡々と続けて来た結果、多くの方々からご評価いただけるように育ってきたと考えておりました。理想の運営体制に向けて、今後も内容の充実を目指していきたいと考えています。

    このようなかたちで皆様にご迷惑、ご心配をおかけいたしましたことをお詫びするとともに、多くの方々より上記のようなスパムメール行為の存在をお知らせいただき、なおかつはげましのお言葉をいただけましたことを、ここに感謝いたします。

    今後もそのような行為が続くようでしたら断固たる対処を検討していますので、もしご協力していただける方がいらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。

 



    その後、メール送信当事者の方より平成19年11月14日に以下のメールが届きました。メール送信された方々にも同様の謝罪メールが送られたと思います。
    よって、この件につきましては、これ以上の問題拡大はないと判断いたしました。
    ここにご報告申し上げます。
     皆様にご迷惑とご心配をおかけいたしましたことをお詫びするとともに、今回迅速にご連絡いただいた方々や、ご協力いただいた方々に、サイト運営陣を代表いたしまして感謝いたします。

    建築Web.com 運営責任者 森山高至 

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    住まいづくりの総合サイト 建築Web.com

    150-0001  東京都渋谷区神宮前3-42-3
    TEL03-5411-2485 FAX03-5411-2482
    URL    http://www.kentiku-web.com
    E-mail  mail@kentiku-web.com
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



    平成19年11月14日
    サポネ支援情報センター <sapo@sapone.jp> より届いたメール文

    謝罪文  

    昨日送らせて頂きましたメールでの内容の件につきまして謝罪させていただきます。

    SRKソリューション代表 舘本です。

    今回、建築Webサイト利用者様へお送りしたメールは、送信後の現在、非常に誤解されやすい表記文章だったと猛省しております。

    大変申し訳ありませんでした。

    まず送らせて頂きましたメールに関しては建築WEB様とは何も関係の無いメールであり、善意の第3者であります建築Web様と私共との関係は一切ございません。

    私共の真意な気持ちとしては、送信された企業様に、どこから?どのような経緯で?というのを知っていただければという想いで、「各サイト名とそのサイトからの会員アドレスを調べて送信させていただいてます。」

    という経緯・意味を赤裸々に知っていただいた上で、サイト運営者とは全く関係ないというご理解の上でメールを見ていただければと送信させていただきました。

    ですが、この経緯はもちろん悪意は全くないのですが、私どもの一方的な気持ちであって、結果的に建築Webさま、ご利用者様へ誤解を与え、建築Web様、関係者様にもご迷惑とご不快感を与えてしまう結果になったと思いますし、またそれは明らかであります。

    本当に申し訳ございませんでした。

    正直申しまして、偽装メールや建築Web様へ塩を送るような行為や悪意があっての上で計画して建築Web様ご利用者の方々へメールした事ではないことをここで誓います。

    ですが、それは私共の一方的な想いであって、全てにおいて私の事前配慮と確認が出来ておりませんでした。

    メールで申し訳ございませんが、正式に謝罪させていただきます。 
    誠に申し訳ございませんでした。

     

 

 

back


 Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com