主な住まいの保険の自然災害補償
 


    口に住まいの保険といっても商品の種類はさまざまです。思いがけない災害や事故から我が家と財産を守るために、保険のシステムを把握し、万一の時のために備えをしっかりとしておきたいものです。
   住まいの保険を選ぶ際、それぞれの商品の特徴を理解し 何についての補償が必要といった目的をキチンと明確にし ライフプランと照らし合わせ、複数の商品を比較検討した上で選ぶようにしたいものです。
 

 

補償の対象・・・・・水害   風災・ひょう災・雪災   地震・噴火・津波

住宅総合保険
 
総合的に住まいの損害を補償してくれる火災保険  
 

住宅火災保険
最も一般的な住まい向けの火災保険  
 

地震保険(注1)
地震に対して補償。火災保険と合わせて加入します  
 

火災共済
 
住宅・家財合わせて最高で6000万円の補償。掛け金の安が魅力
 

建物更生共済
 
自然災害(地震を含む)の補償もセットされています。積立タイプの満期金付きの火災保険
 

新型火災共済
 
割安な掛け金ながら、ワイドに補償
 

特約火災保険(5種類)

住宅金融公庫融資住宅等火災保険  

住宅・都市整備公団分譲住宅等火災保険  

年金福祉事業団融資物件等火災保険  

勤労者財産形成融資住宅火災保険  

沖縄振興開発金融公庫融資住宅等火災保険  

長期総合保険  
 

団地保険
対象を共同住宅とした火災保険  
 

店舗総合保険  
 

傷害保険

傷害保険(天災危険担保特約を付帯しない場合)  

傷害保険(天災危険担保特約を付帯した場合)  

個人賠償責任保険
 
個人の日常生活や居住用住宅の管理上の対人・対物賠償損害に備える保険です。買い物中に誤って商品を壊してしまった、近所の窓ガラスを子供がボール遊びをしていて割ってしまった、飼い犬が人をかみついてしまった・・・などを補償
 

 
上の表の印は補償の対象になることを示します。
  ただし保険によっては印でも、損害の程度が一定以上の場合において補償の対象になるという条件や、支払われる保険金に限度が設けられていることがありますので、注意が必要です。

Point ! (注1) 地震保険は、住宅や家財の火災保険とあわせて契約しなければなりません。火災保険では、地震・噴火・津波による損害は、火災損害(延焼・拡大を含みます)を含め補償されません。これらの損害は、地震保険での補償になります。
 

 水害等を補償するという保険であっても、具体的な保険金の支払条件や支払方法は保険の種類や損害保険会社によって異なることがあるため、確認が必要です。

 住まいの保険の中には、掛け捨てではなく、補償プラス貯蓄の「積み立て型」もあります。このタイプの保険は、
・保険期間が長期 
・保険料の払込み方法が選択できる 
・満期時に満期返戻金と配当金が受け取ることができる、などの特徴があります。
 
 

 

 保険の詳細な資料は資料お届けサービスをご利用ください。
   ご質問は編集部まで
メールでどうぞ。

  なお、実際に契約にするときは、記載内容と異なる場合もありますので、詳細を損害保険会社に確認するようにしてください。

 

 

戻る

 

  Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com