邸 時代の銅雨戸樋

 

伝統的な鍛金技法を用いた銅雨戸樋

 

施工例

▲庭を眺め気軽に茶を楽しめるようにと増築された茶室。
客人の着物を雫で濡らさないように、庭を雫でいためないように雨といを架けてほしい。
望むのは竹の樋だが、後の手入れが大変なので、あの茶室で観た樋を架けてほしいという要望。

施工例

▲限られたお屋敷の限られた場所にだけ、戸樋を架けていた時代がありました。そんな銅(あか)の戸樋が現代に蘇ります。

施工例

▲銅の戸樋は主人を待つ特別な場所、大切なお客さまを迎える場所等に架けられてきたものです。

あかの戸樋は一生(いっしょう)モノ

あかの戸樋が一生(いっしょう)モノと呼ばれる訳

 近世に作られていた半丸型の軒樋や呼び樋の材料は、鍛金技法を用いた板厚1〜2ミリ程の銅板を使用していました。
旧家の改修などで取り外された銅製雨樋の多くは本戸樋(ほんどい)と呼ばれ再び雨樋として使用されています。

 

特徴
鍛造銅板金(たんぞうどういたがね)を使用した雨とい。
焼鈍の炎が描き出す備前焼に似た地肌模様が、鍛造により締込まれた独特の質感が、水を運ぶために折られた緩い線が、圧延長尺板材や竹木には無い雰囲気を醸し出します。

▲銅の雨戸樋は大店、お屋敷と言えども特別な場所にしか架けられていませんでした。圧延技術が未発達な時代は板材を作り出すことに手間がかかり、また盗難の恐れも多分にあり屋敷内の更に限られた場所にしか架けなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 



 
 

 

 物件所在地:奈良県吉野郡
 

 製作日数 14日
 使用板材 純銅、平均板厚0.8ミリ
 施工箇所 ひさしのみ
 施工日数 1.5日
 施工年月 2000/0
7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Copyright(C) 2000  kentiku-web.com All rights reserved

 

INDEX

 

 

 

 

ギャラリーに戻る

データベースに戻る