ガーデンデザイン

 

 

 

施工:(有)プリムローズ・湘南企画工芸

 

 

 

 

 

 

     

 

 七里ヶ浜の庭
この庭のデザインの特徴は、○や□、△の集合体を複合的に重ねあわせた
基本デザイン法で商業デザインに多く取り入れられる手法のもとに高さを加え、
集合体のそれぞれのディビジョンを重ね合う姿をディビィテーションと表現しました。この家には、建物に付随した既存のデッキがあり、そのデッキから100o(10cm)ずつレベルを落としているため建築物の延長でしかなかった施設空間をより土に近付けた庭に仕立てあげました。
周りの径、(パスアプローチ)は、イタリア数学者のヒィボナッチ数列の図形化、
黄金分割を応用したスパイラル曲線を表現しています。配色に関しては、テラコッタタイルの素焼き色に枕木で色を締め、つづけて古レンガによってトーンを落とし、明るめのジュラストーンベージュによって造形の硬さを全体的に柔らかくしています。エッジには、ミカゲのピンコロを使用、白ミカゲなので配色は、ゼロ。透明感によってジュラストーンをよりソフトに明るくさせています。
 

 

 辻堂の庭
元々の地形を壊さないでゆるやかなステップとスロープで庭内に入ります。
ポーチに行く手前にレンガ水栓と円形噴水を設けてあります。
建築は、佐々木正明氏設計

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Copyright(C) 2000  kentiku-web.com All rights reserved   

 

INDEX

 

 

 

 

ギャラリーに戻る

データベースに戻る