compe-web.com

応募要項

 

133

    愛媛県松山市の新築アパート設計コンペ

    コンペのジャンル:新築アパートの提案
    応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部など

    締め切り:2006年4月17日に締め切られました。
    ご応募ありがとうございました。



 

経過報告、結果発表

    コンペ開催の方より
    **************************************************************

    今回、相続対策、長期の不動産経営、両親の老後生活の安定と確保、子孫への資産承継、地域貢献を目的にコンペに参加させていただきました。
    上場企業の「土地活用」をビジネスにしている会社も、中小零細企業で「土地活用」をビジネスにしている企業も日本にはたくさんあります。
    最終的に
    (株)ジョー・コーポレーションD.A. 松山本社      Page   1    2    3    4
    様のご提案に決定いたしました。

    JOW CORPORATION の『お客様への基本姿勢(ホームページの企業理念参照)』を確実に実行しており、設計・建築をお任せするようにしました。
    JOW・設計の南側のお風呂の発想には、驚きました。専用庭やバルコニーについても、設計担当者が非常に面積、メリット、などを考えてくれました。今回、彼らとの関わりを通じて感じたのは経営者の理念が社員にしっかりと伝わっていて、長期繁栄する企業だと確信しました。
    JOW CORPORATION と、出会えたこの建築Webコンペに心より感謝いたします。このコンペに参加されている多くの不動産オーナー様にも、きっと満足いただけるサービスを提供してくれます。

     今回選ぶことができなかったですが、ご応募いただいた方の提案も非常にすばらしいものでした。以下に感想を述べさせていただきます。


     Bee Studio Architect Associates

    ロフトを持ったタイプと広さを確保したタイプの組み合わせの提案外観にアクセントを持たせた二層タイプが特徴
     ロフトと吹き抜けを使って、入居者に広さを強調する間取りが面白い発想だと思いました。

    沢田創造研究所

    戸建感覚の住宅の町並みは親しみを感じるでしょう、建設コストにも配慮されている様子
    空いている土地で一つの町ができたかのような設計で面白い提案でした。

    太田信也+ビルディングワークショップ
    A棟B棟に分けて町並みのような外部空間を演出、外観ではおおきなフレームがアクセント
    未来型マンションのような設計が印象的でした。しかも、バルコニーや庭が憩いの場として考えられてました。


    (12月26日)

 



 

応募された方の応募作品を掲載いたします。(順不同・敬称略)
事務所名は建築データベースにリンクしています。

(株)ジョー・コーポレーションD.A. 松山本社      Page   1    2    3    4

Bee Studio Architect Associates       Page   1    2    3    4    5    6

太田信也+ビルディングワークショップ   Page   1    2    3    4    5    6

沢田創造研究所   Page   1    2

今までのコンペ結果や、応募案をご覧になった方から、応募者にご自分の家の設計を頼めないか、というお問い合わせをよくいただきます。応募案の社名は建築データーベースにリンクしていますので、直接ご相談をしてください。



 

質疑応答 

質疑応答

 ご質問 相続遺産について
土地の評価額はどのくらいと考えればよろしいでしょうか。また土地と併せた相続財産総額は以下の基礎控除をどのくらい上回るのでしょうか
基礎控除額:仮に相続人が配偶者と子供1人とすればは7000万円となります。

    回答土地の評価額とは今回、依頼の土地のみの評価額でしょうか?
    現在、ある程度わかっている範囲内だと、7000万円ほど基礎控除を上回ると思います。(3月27日)

 ご質問 敷地の法定条件を教えてください。
建築物の規模を決定するために必要な情報として、用途地域・建ぺい率・容積率、また道路の幅員について教えていただけますでしょうか。(某社の図面には表記されておりませんでしょうか?)

    回答法定条件は下記の通りです。(3月27日)

    (某企業見積書参照)

    用途地域・・・第1種住居地域

    建蔽率・・・60%

    容積率・・・200%

    防火指定の有無・・・指定なし(その他:法22条指定区域)

    その他情報として、路線価のある道路幅員は「4.683」です。

 ご質問 御両親がお住まいになられる1階の2LDKは必須条件かと存じますが、その他の部屋の配置については、変更も可能でしょうか?

(また、御打合わせを進めることができた段階で、周辺の状況から地域特性に合った間取りに変更させていただくこともあるかもしれません。)

    回答両親の住まいは、来客用に部屋を一つ増やして3LDKでもかまいません。その他の部屋の配置については、自由な発想でお願いします。

    ( )内のことは了解しました。
    ただ、被相続人となる者、相続人となる者、血族の中で一番専門知識を持つ者の”わがまま”も聞いていただくことになるかもしれませんが、ご了承ください。(3月27日)

 ご質問 共同住宅という特性上、コストはかかりますが遮音性の高いRC造のほうが宜しいかと考えますが、構造に関してはどのようにお考えでしょうか。

    回答耐震性、通気性、遮音性などなどは、こだわります。総合的な快適性を追求しております。テーマは「30年は住み続けたい家」ですから、木造は選択肢には含まれておりません。(3月27日)

 ご質問 仕様のグレードと収益性のバランスについて、一室を御両親が住まわれて賃貸が満室の場合、月々の手残り金額の御希望はございますか?

    回答 すみません。仕様のグレードというのが、素人ですので意味がわかりません。テーマを見ていただければご理解いただけるかと思いますが、単なる相続財産の圧縮ではありません。
    相続予定者が私に決定権を持たせてくれているのは「老後を養ってくれるなら任せます。」と言っており、被相続人となる者は「孫やそれ以降にも承継したい。」と強く願っているので収益性は追求せざるを得ないと思います。

    月々の手取り収入についてですが、まずは「何階建ての物件なのか?」「何部屋、確保できるのか?」がある程度わかれば、概算の家賃を考えて、借入金の返済、修繕積み立て、保険代、減価償却などを計算するつもりです。

    この土地を使うとどれくらいの規模の建物ができるのかがイメージできないので、収入についての回答は今の段階では非常に難しいです。大変申し訳ありません。(3月27日)

 ご質問 今回の御提案資料としては、図面(配置・平面・パース等)の他に概算収支も必要なのでしょうか?それとも、面談のうえ図面とコンセプト等を受け入れていただいて、敷地住所等の詳細が分かってからの御提案でもよろしいのでしょうか?

    回答非常に難しいご質問ですね。
    この土地を使うとどれくらいの規模の建物ができるのかがわかり、部屋数と各部屋の間取りから収支を予測し、トータル収入から逆算で建築費を計算して、『収入でより確実に支出をまかなえる』ようにしたいというのが第一希望です。
    ご質問があれば、気軽にお問い合わせください。(3月27日)



 

■ 募集内容 

概要

     
    相続対策でアパート建築を考えております。ただの相続対策でなく、相続財産や両親の老後の生活のことも考えたいと思っています。

    自宅建物名義人の父の許可を得て、新しく建てようとしているアパートの一室を両親の住まいにしようと思っています。

    私の考えでは、自宅はもう築23年ほどですので、将来今の自宅をバリアフリー用にリフォームして・・・となると莫大な費用が必要ですので、アパートの一室を両親のためのバリアフリーになった住まいを提供したいと考えております。

    相続対策でアパートを借入金を使って建てることについては、某上場一部企業から「お母さんがもらう予定の土地にも、うちでアパートを建てませんか?」と提案され、A棟、B棟といったかたちで、収支計画等はもらっていますが、それらの相続対策についての良し悪しはなにも分かっていない状況です。

    そこで、そういったトータル面のアドバイスも含めこのコンペで素晴らしい専門家の方々と出会いたいと考えております。
     

希望条件・要望

    アパート

    1F部分・・・2LDK(一つの部屋は両親のためにバリアフリー

    2F部分・・・1LDK

    3F部分・・・1DKか1K
    (ただし、3F部分に関しては、その地域の状況で3Fが立てれるかどうかは、わかりません。)

    住む人がマイホームを持つより、賃貸であってもずっと住み続けたいと思える住まい。がテーマです

    未来の子供たちや地球に優しい省エネ自家発電アパートを実現したい。
    オンリーワンを目指すため、他の一般的なアパートやマイホームに対し差別化がはかれること
    事業物件でありながら住んでいる人がまるで「アパートなどの賃貸じゃないな」と思っていただける住まい空間を提供したい。
     

駐車場の有無

    現在はきちんと区画した駐車場はありません。
    畑にしている部分を埋めて、駐車場にします。

入居時期

    工事完成予定・・・2007年2月中旬

    入居予定・・・2007年3月中旬

予算

     上場企業で”土地の有効活用”をうたって、アパート建築をビジネスとされている会社のほぼ、自己資金なしでもアパート経営を始められると営業トークで使ってますが、私どもは自己資金は予算としてありませんので、しっかりとした事業計画を立てて、融資をできるだけ多く引っ張ろうと思ってます。

01

 

■敷地概要 

所在地

    愛媛県松山市

敷地面積


    土地面積は約1000u。
    そのうちの4分の1が自宅の敷地です。残りの4分の3は農地にしています。

    参考図面 
    提案を受けたものを参考までに。
    この配置図の自宅部分測量図から全体の敷地大きさを想定してください。

     

    固定資産税の課税明細書を表記します。

    ・自宅の敷地

    課税地目・・・宅地
    住非区分・・・住宅用地
    課税地積・・・255.70

     ・残地について(アパートを建てようとしている部分)

    土地所在地・・・農地
    課税地目・・・市街化田
    住非区分・・・非住宅用地
    課税地積・・・759.00

法的条件等

    法定条件は下記の通りです。(3月27日)

    (某企業見積書参照)

    用途地域・・・第1種住居地域

    建蔽率・・・60%

    容積率・・・200%

    防火指定の有無・・・指定なし(その他:法22条指定区域)

    その他情報として、路線価のある道路幅員は「4.683」です。



 

Webコンペ事務局よりひとこと

    ・「Webコンペ」についての説明はこちらをクリック
    ・応募案の提出方法はこちらをクリック
    ・締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、メールで質問してください。
    ・コンペの参加費は無料です。



 

 back

 
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com