compe-web.com

応募要項

 

131

千葉県夷隅市の新築住宅設計デザインコンペ

コンペのジャンル:住宅新築住宅の設計デザイン提案
応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部など

締め切り:2006年2月15日に〆切られました。
ご応募ありがとうございました。



 


建物が竣工されました。
 



 




外観

内観

コメント


    昨年より工事されていた千葉県夷隅市さんの住宅が、無事完成し
    設計者の(株)野平都市建築研究所  より完成写真をお送りいただきました。

    タイトルは「田園を眺める家」です。

    田園が広がる台地の中で、自然と共生しようとする生活のための拠点として建てられた住宅ですが、非常にクールな大人のデザインで様々な建築的要望を解決されています。
    コンペ案採用時とはお打ち合わせによってずいぶん変化したそうですが、当初の案に見られた光をふんだんにプライバシーを意識しながらも自然と一体になった計画の手腕は存分に活かされたものとなっています。
    グレー染色のウッドシングル仕上げという極上の素材感とメリハリの利いたボリュームや大きな開口部の直線的処理によって、シャープでありながら暖かみのあるキレのいいデザインが達成され、グワスメイ・シーゲルやチャールズ・ムーアといった60年代から70年代北米の大地に根ざした建築が目指したモダンさを彷彿とさせており、建築が自然からのシェルターでありながら自然の一部となって景観を形成し造りだすといった建築の理想像を感じさせるものだと思います。
    設計者の(株)野平都市建築研究所 様による「田園を眺める家」でもあり「大地に還る家」でもあるというダブルミーニングもそのことを如実に物語っているでしょう。
                                     (建築Web 編集部)

    その他の写真は、(株)野平都市建築研究所 のHPに掲載されています。
    そちらも併せてご覧下さい。
    タイトルは「田園を眺める家」です。http://www.t3.rim.or.jp/~nohira/housing/housing.html
    尚、本物件の現場の進行状況を追った「大地に還る家」プロジェクトー現場コラムも掲載せれております。http://www.t3.rim.or.jp/~nohira/Daich-photo/Daichi.html
     



 

経過・結果報告


このたびは、わたくしどもの計画に多くのご提案をいただきありがとうございます。遅ればせながらご応募いただいた案の感想と選考理由を述べさせていただきます。

SUZUKI設計様の案
小さいながらも広さが感じられる家を希望しましたが、各部屋のスペースの広さに少々ものたりなさがありました。全体のイメージが和風クラシック気味でよかったのですが、私達はもう少しモダンが好みでありました。

松野浩アトリエ環境システム様の案
自然素材の家にはとても共感しました。しかし人生の晩年は もう少し軽やかで明るい家で過ごしたいかなとおもいました。小さい家で漆喰に濃い色の梁は、ちょっと重厚に過ぎるかなと私は思いました。

高橋誠設計室様の案
広い広いウッドテラスに‘すごいなあ’とため息がでました。でも何年これを充分に使いこなせるのか。アウトドアリビングが望みと思いながらも 私としては内リビング・ダイニングにもう少し関連性が欲しいと思いました。

(株)青海建築研究所様の案
シンプルで外観でデザインも好感が持てました。廊下部分やクローゼット等を含めた間取りに少々悩みました。

山中建築造形舎様の案
田園風景のパノラマに圧倒されました。飛び出したテラスに竈や水場は良いですね、しかし間取りはもっとゆったりとしていただき自然にした方が私どもには落着くかと思いました。

安達文宏建築設計事務所様の案
採光・通風など本当に良く考えていられて安心感があります。
玄関から直に居間になっている点と長い廊下になっているというのが私には苦手に思いました。

岩谷昭一建築設計事務所様の案
将来の簡単なリフォームまで考えられた熟考案だと思いました。
落着いた生活が送れそうです。しかし 残念にも私達の好みは、どこかに夢の有る少し洋風な空間と思いました。

庄野健太郎建築設計事務所_S.K.a.o.様の案
家が長くて厚みが無く廊下で暮らしている様になるのではと心配してしまいました。屋根がずり落ちそうとか不安定に感じてしまったのですが、私たちのイマジネーションが貧しいからだと思います。

ISAJI ARCHITECT&ASSOCIATES様の案
スタンダードな間取りという意味ではいいのでしょうが、今回の要望にもう少し特化していただきたかったです。我家の為だけという設計には不足感がありました。

杉浦建築設計事務所様の案
実は掃除が苦手です。将来はもっと動くのが億劫になるでしょう。もうすこしコンパクトな動線にしていただいてほしかったです。視界は広くゆったり暮らすのが希望だったのです。

匿名様の案
モダンなデザインは斬新でとてもよいと思いましたが、最終的には木造建築の家的なものが私たちの好みだと思ったのです。

IM・デザイン・アクト 一級建築士事務所様の案
パティオやテラスの素適なイメージ写真に心引かれました。
しかし 我家に両方必要でしょうかと考えます。
土間の捕らえ方に多少要望とのくいちがいがあって少し気になりました。

設計室A+I様の案
玄関に入って正面に素適なテラスは魅力ですね。
述べ床面積が少ないのにとても広く感じられ 設計力を感じました。
屋根の形が複雑なのが将来のトラブルに繋がらないかを気にしてしまいました。

RYOSEN−no−IE様の案

とても素適なデザインハウスと思いました しかし私達では斬新過ぎてとても住みこなせないかなと思いました。これを選べないのが残念です

Niro architects 一級建築士事務所様の案
土地の横幅一杯に建てるのは 何かと困るかなと考えてしまいました。
全体に覆い被さるような屋根も私どもでは斬新でちょっと馴染めなかったです。
しかし間取りは良く考えられていてたいへん心引かれました。

有限会社フナキサチコセッケイジムショ様の案
とても現代的でスタイリッシュでスッキリしたいいデザインですね。
ただ、ここまでのスタイルでは私達では住みこなせないのではと思いました。

田端建築デザイン事務所様の案
土間の取り方について機能上どうかなと思いました。
浴室・トイレ使用時下駄履き使用は不便ではないでしょうか。
居間に家具を配置するのが難しいのではないかなと思いました。

STYLE LAB様の案
何と夢の有る家でしょう 近代的で欧米風で憧れます。
玄関ホールの気持ちよさが目に浮かびそうです。
しかし 私達ではここまでのものは家に負けてしまいそうに思えてしまいました。
もっと生活臭い間取りの方に惹かれてしまいました。

景設計室様の案
この間取り案には惹かれました、とても良いと思いました。
しかし上の窓の多さが気になってしまいました。
あと心配になったのが掃除です。
それに特有の風に対して私たちは心配になってしまいました。

環境創作室様の案
ローコスト住宅については本当に良く研究されていて 信頼できました。
良い家になるでしょう  でも迷いました。
もう一つ 自分に納得させるような夢の部分が何か欲しいと思ったのです。
里山に暮らしながら野菜をつくり それでも農家ではない、生活どっぷりではない ちょっと別荘のような気分で楽しみたいと思ったのです。

一級建築事務所 かめ設計室様の案
最後まで候補として検討していた提案でした。この家は本当に人生を楽しむ為の家だとなっとくできました。
陽気で活発で動きの有る イラストまで添えられていて楽しみ方を教えてくれました。でも ドーム型の天井とか内装壁の模様とかの趣味的な部分でこの設計士さんと好みが合うのか、自信が持てなかったのです。

太田信也様の案 
現在の我家と とても良く似た間取りで親近感がもてます。ただ箱型の外観が私達の好みに合わないかなと思ってしまいました。近隣とも調和しずらいかなとも思いました。全体的に良い提案だと思いました。

OSOA様
とてもざっくりとして面白い考え方ですね、私達は使いこなせないが 若者向きと感じました。ただ斬新でシンプル過ぎる外観デザインが、私たちには苦手でした。周囲と合わないかなとも思いました。月並みかもしれませんが周辺街並との調和を大事にしたいと思いました。

 FARO様
ざっくりさっぱりしたモダンデザインはいいと思いますが 正直生活はし難そうに思います。生活雑貨で乱雑になりそうかなと、何でも物置にということでしょうが動くのが億劫になるかもしれません。 各部屋で必要なものはその場所に収納したいと思いました。ごみ捨て 洗濯干し etc.泊り客がトイレに行くには 一旦下足使用となり不便かもしれません。

アトリエ夢間∞永村新一様
私達の要望を全て満たして居ると思います、ありがとうございます。個人の住まいというより 変わったデザイン性が公共施設の様で大げさかなと外観が華やか過ぎてスッキリ好みの私達にはちょっとここまで過激なのは無理かなと思いました。

秋元賢治様
シンプルイズベストでこじんまりとうまく纏まっていていいです。 リビング・ダイニングの捕らえ方にちょっと私の感覚では違和感を覚えました。家具を置けないところと玄関の採り方に私たちと考え方に違いがありました。

 システム工房様
とても収納面を考えられており良いと思いますが、必要な部屋を南に並べてあることもいいと思います。天井の工夫以外での外観デザイン的要素や間取り上でのもう工夫も欲しかったです。

石井設計事務所様
我家の為に 良く熟考して下さったのが解かり本当にとても有りがたく思いました。しかし 我々の好みとは傾向が少し違う様に思いました。和室に縁側より どっしりとした家具の映える居間に関心が有ったのです。   

NORIZU DESIGN WORKS
野菜作りを重視して有りなるほどと頷けました。ただ 現在持っている家具の配置に苦労しそうな感じがしました。生活の煩雑さを隠すにはちょっと無理があるかもしれないという感がありそうでした。

hm+as 
外観が飛びぬけて斬新で凄いのですが、私の感覚ではあまりにも周囲と合わないではと思いました。先行き私達がここまでの斬新な設計意図に就いて行けなくなるのではないかなと圧倒されてしまいました。

青木武設計事務所様
シンプルで好ましいデザインです。玄関の位置 土間の取り方やそこに到る廊下部分がもう少し機能的に考えられそうな気もします。真四角なLDは意外と家具の配置が難しいかもという気がしました。

選考の理由と感想があとになってしまったため応募の方々にはご心配をおかけしてすいませんでした。
結果 野平氏にお願いする事にしたのは ひとえにフィーリングが近いと感じた事でした。近県の方を条件にしたわけではありませんので、それによって決定したわけではありません。
もっと他の方ともお会いしたらば それは又違った形になったかもしれませんが、最初にこれだ!と思った提案が偶然お近くで本当によかったという思いです。
今は良い感じで着々と進行しております。
迷い気の多い私達にも合わせて次々に新しいアイディアを出してくれてさすが設計士さんは違うと 感心させられています
こういう出会いの場を作って頂き 本当に有難うございました
私達のコンペにご尽力下さいました設計士の皆様にも深く御礼申し上げます。
 

この度はコンペを開かせて頂きまして 本当に有難うございました。

熟考を重ねた末 (株)野平都市建築研究所     Page   1    2    3    4 さんにお願いする事にしました。

たくさんの応募案を頂いて 何を基準にどうやって選んだら良いのかと 悩みました。

取りあえずは 我々の好みに合う上に 打ち合わせしやすい事を重視して近県の方を中心にと選んでいきました。
じっくりと相談に乗っていただきながら 家作りを楽しみたかったものですから。

建築設計士さんとお会いするのは ‘お見合いのようなもの’だと云われますが正にその通りでした。

皆さん素晴らしい概念をお持ちで お人柄も良く さすが専門的な知識が豊富と出来るものなら それぞれの方と一緒に家を建てたい と思わされました。

野平氏は偶然にも 現在住んでいる我家にとても近くにお住まいでした。
頻繁な打合せに 苦も無く気軽に行き来できます。 
我々の不確かな希望にも 的確な資料を見つけてこちらの考えを助けてくれるし構造計算や断熱の知識にも信頼が置ける。 

何よりも 住まいのスタイルの‘好み’が似ていると云うのが大きく
楽しみながら一緒に家作りをしたいと思っています。

お陰様で やっとスタートです。

再度御礼を言います  有難うございました。
 

    応募案を受取りました。

    こんなに沢山の設計者の方に ‘我家だけの為に’設計の案を練っていただいたなんて 感激しました。
    ざっと見ただけでも さすが我家の希望に添って考えられていて雑誌などを眺めていたのよりは 格段に良く思えました。
    色々な案を見ていると、自分達がこれからは どんな生活をして行きたいのか、あらためて考えさせられてしまいました。

    目覚め 朝のキッチン 畑 日光浴 テラスでの食事
    うたた寝 お風呂 寛ぎ 客を迎えて楽しむ 
    雨 特有の強い風や陽射し 埃 水はけ 寒さ暑さ対策  
    そして 歳を取って行く為の動線

    夜遅くまで検討を重ねています。
    もう少し 自分達なりの希望をしっかりさせてから設計者の方々とお会いしたく おもいます。



 

応募された方の応募作品を掲載いたします。(順不同・敬称略)
事務所名は建築データベースにリンクしています。

以下の方々の応募案を受け取りました。ご応募ありがとうございます。
尚、建築データベースへの御登録はこちらからお願いいたします。

M・デザイン・アクト     Page   1    2    3    4
 
パティオやテラスの素適なイメージ写真に心引かれました。
しかし 我家に両方必要でしょうかと考えます。
土間の捕らえ方に多少要望とのくいちがいがあって気になりました。

青木武建築設計事務所     Page   1    2    3

アキモト + ウドウ設計事務所    Page   1    2    3    4    5    6

安達文宏建築設計事務所    Page   1    2    3    4    5    6  
 採光・通風など本当に良く考えていられて安心感があります。
玄関から直に居間になっている点と長い廊下になっているというのが苦手に思いました。

アトリエ環境システム    Page   1    2    3    4
自然素材の家にはとても共感しました。しかし人生の晩年は もう少し軽やかで明るい家で過ごしたいかなとおもいました。小さい家で漆喰に濃い色の梁は、ちょっと重厚に過ぎるかなと思いました。

アトリエ夢間∞  Page   1    2    3 

伊左次建築設計事務所     Page   1    2    3
 
スタンダードな間取りという意味ではいいのでしょうが、今回の要望にもう少し特化していただきたかったです。我家の為だけという設計には不足感がありました。

石井設計事務所    Page   1    2    3    4    5

糾竰J昭一建築設計事務所     Page   1    2    3    4    5
 
将来の簡単なリフォームまで考えられた熟考案だと思いました。
落着いた生活が送れそうです。しかし 残念にも私達の好みは、どこかに夢の有る少し洋風な空間と思いました。

OSOA    Page   1    2    3 

太田信也+ビルディングワークショップ    Page   1    2    3    4

一級建築士事務所 かめ設計室    Page   1    2    3    4    5    6
 
最後まで候補として検討していた提案でした。この家は本当に人生を楽しむ為の家だとなっとくできました。
陽気で活発で動きの有る イラストまで添えられていて楽しみ方を教えてくれました。でも ドーム型の天井とか内装壁の模様とかの趣味的な部分でこの設計士さんと好みが合うのか、自信が持てなかったのです。

環境創作室 杉    Page   1    2    3
 
ローコスト住宅については本当に良く研究されていて 信頼できました。
良い家になるでしょう  でも迷いました。
もう一つ 自分に納得させるような夢の部分が何か欲しいと思ったのです。
里山に暮らしながら野菜をつくり それでも農家ではない、生活どっぷりではない ちょっと別荘のような気分で楽しみたいと思ったのです。

景設計室     Page   1    2    3    4
 
この間取り案には惹かれました、とても良いと思いました。
しかし上の窓の多さが気になってしまいました。
あと心配になったのが掃除です。
それに特有の風に対しての強度も心配になってしまいました。

(有)建築相談センター

佐藤森+ノアノア空間工房    Page   1    2    3    4    5    6

(有)システム工房    Page   1    2    3    4

庄野健太郎建築設計事務所    Page   1    2    3    4    5
 
家が長くて厚みが無く廊下で暮らしている様になるのではと心配してしまいました。屋根がずり落ちそうとか不安定に感じてしまったのですが、私たちのイマジネーションが貧しいからだと思います。

杉浦建築設計事務所     Page   1    2    3    4    5
 
実は掃除が苦手です。将来はもっと動くのが億劫になるでしょう。もうすこしコンパクトな動線にしていただいてほしかったです。視界は広くゆったり暮らすのが希望だったのです。

SUZUKI設計    Page   1    2    3
 
小さいながらも広さが感じられる家を希望しましたが、各部屋のスペースの広さに少々ものたりなさがありました。全体のイメージが和風クラシック気味でよかったのですが、私達はもう少しモダンが好みでありました。

一級建築士事務所STYLE LAB    Page   1    2    3    4    5    6
 
何と夢の有る家でしょう 近代的で欧米風で憧れます。
玄関ホールの気持ちよさが目に浮かびそうです。
しかし 私達ではここまでのものは家に負けてしまいそうに思えてしまいました。
もっと生活臭い間取りの方に惹かれてしまいました。

設計室A+I     Page   1    2    3    4    5
 
玄関に入って正面に素適なテラスは魅力ですね。
述べ床面積が少ないのにとても広く感じられ 設計力を感じました。
屋根の形が複雑なのが将来のトラブルに繋がらないかを気にしてしまいました。

叶ツ海建築研究所    Page   1    2    3
 
シンプルで外観も好感が持てました。廊下部分やクローゼット等を含めた間取りに悩みました。

高橋誠設計室    Page   1    2    3
広い広いウッドテラスに‘すごいなあ’とため息がでました。でも何年これを充分に使いこなせるのか。アウトドアリビングが望みと思いながらも 私としては内リビング・ダイニングにもう少し関連性が欲しいと思いました。

田端建築デザイン事務所    Page   1    2    3    4
 
土間の取り方について機能上どうかなと思いました。
浴室・トイレ使用時下駄履き使用は不便ではないでしょうか。
居間に家具を配置するのが難しいのではないかなと思いました。

Niro architects   Page   1    2    3    4
 
土地の横幅一杯に建てるのは 何かと困るかなと考えてしまいました。
全体に覆い被さるような屋根も私どもでは斬新でちょっと馴染めなかったです。
しかし間取りは良く考えられていてたいへん心引かれました。

(株)野平都市建築研究所     Page   1    2    3    4

ノリズデザインワークス アトリエM-set     Page   1    2    3    4

hm+as    Page   1    2    3    4    5

ファロ・デザイン笈鼡煙囃z士事務所     Page   1    2    3    4 

泣tナキサチコケンチクセッケイジムショ     Page   1
 
とても現代的でスタイリッシュでスッキリしたデザインですね。
ただ、私達では住みこなせないのではと思いました。

山中建築造形舎    Page   1    2
田園風景のパノラマに圧倒されました。飛び出したテラスに竈や水場は良いですね、しかし間取りはもっとゆったりとしていただき自然にした方が私どもには落着くかと思いました。

山野松雄/山野建築計画研究所    Page   1    2    3    4    5    6

匿名希望a     Page   1    2    3    4 

今までのコンペ結果や、応募案をご覧になった方から、応募者にご自分の家の設計を頼めないか、というお問い合わせをよくいただきます。応募案の社名は建築データーベースにリンクしていますので、直接ご相談をしてください。



 

■ 質疑応答 

質疑応答

 ご質問 土間は、屋外や半屋外空間ではなく、屋内空間と理解していますが、よろしいでしょうか?また、土間をどのように使いたいとお考えでしょうか。大雑把な作業内容と最低必要とお考えの面積も含めて教えて下さい。

土間は生活空間の一部と考えていますが、お客さんの目に(a)入らない方が良い、(b)適度に入るのは良い、(C)ゲストルームに隣接しても構わない、のどのあたりをお考えですか?

土間での作業内容と広さ、天井高さ、をお知らせください。

    回答土間の使用目的は 
    ・畑への準備(着替え・長靴)
    ・表で泥落しした収穫物をちょっとストックに置いておく
    ・取敢えずの買物のストック場(ビール・飲み物・買い置き品)
    ・よって お客の目に触れない様に
    ・モチロン 家の中に欲しい
    ・広さは 1〜2坪程に物置があれば良い
    ・キッチンに隣接が望ましい
    (2月8日)

 ご質問 駐車場2台は自家用1台と来客用1台でしょうか?また、2台とも屋外駐車(吹きさらし)で構わないでしょうか?

    回答駐車場は 自家用と軽トラック と考えています(吹きさらしで)(2月8日)

 ご質問 100坪ほどの家庭菜園畑には車で行かれますか?

    回答畑は 家の敷地から歩いて200メートル程(2月8日)

 ご質問 キッチンはクローズドキッチンと考えていいですか。

    回答キッチンは 匂いや音や散らかった様が気になるので、普段は開けっぱなしでも いざと云うときにクローズド出来るように(2月8日)

 ご質問 当該敷地は現況では平坦でしょうか?周辺(隣接)敷地・道路との高低差など教えていただけませんか?
東側・南側の田圃について、将来宅地等に利用される可能性はありますか?わかる範囲でご回答いただけるとありがたいです。

    回答お世話さまです。あと2週間ほどで設計図が届くのかと思うととても嬉しく楽しみです。
    質問について:
    敷地は平坦です。
    10メートル公道から 南にゆるい下り傾斜道となっています。
    したがって 我が敷地の 北側の私道の先の隣接地が50cm程高く、南側の田圃は1メートル程下がっています。
    しっかりした擁壁の造成に見えます。
    回りの田圃は 今の所 開発される事はないそうです(特に南側)。
    優良田となっている為に 転用は難しいのだとか。
    北東側の小高い丘に‘万木城’があります。
    展望台があり そこからは我が敷地が真下に見えます(展望鏡有り)。
    畑は近くに持っていますが 敷地でも少々 菜っ葉類ハーブ類と色々な果物の木を各一本づつ植えたいと思っています。(1月31日)

 ご質問 敷地図はありますか?

    回答ありません。敷地を実際に計って付近見取り図を作成しました。現状これを敷地図として計画いただけますか。(1月27日)
              

▲クリックすると拡大します。

 ご質問 敷地図のようなものはありませんでしょうか?
敷地測量図はありませんか?
都市計画区域外とありますが、地方公共団体が条例で建築物又はその敷地と道路との関係、建築物の容積率・建蔽率、建築物の高さ、その他建築物の敷地又は構造などに関して必要な制限を定めている可能性があるのですが、いかがでしょうか。それらについての情報があれば教えていただきたいのですが。
西方向の写真に見えている道路は10mの公道ですか、4.7mの私道ですか。

    回答条例及び制限は ほとんどないそうです。
    写真に見えている道路は私道の4.7mです。(1月14日)

 ご質問 6畳程の洋室とは主にどのように使用される部屋ですか?

    回答洋室の使用目的は 当面は書斎及び趣味室 将来 どちらかが寝たきりになった時 もう一方のベッドルームにしたい。マスターベッドルームの隣か、近くが良い。(1月14日)

 ご質問 物置や土間は予算や面積の点で、今回工事に含めるのでしょうか。

    回答土間・物置は建坪・予算内に含む  畑用の倉庫は別に作る予定。(1月14日)

 ご質問 給排水設備、ガス設備、電気設備は敷地内のどの位置に引き込まれていますか。

    回答水道の引込みは敷地のほぼ真中にある。 ガスは無し(プロパンガス)。排水は合併浄化槽。(1月14日)

 ご質問 開放的な空間か閉鎖的な空間かどちちらがお好きですか。どのような目的でこのような何もない広い場所を敷地として選ばれたのですか。

    回答開放的空間が好き。 しかし、防犯はしっかりと考えてほしい。
    美味しい空気 たっぷりな日差し 広い空 見渡す限りの緑を堪能し、美しい里山の景色の中で ゆったりと暮らしたい。(1月14日)

 ご質問 ご予算はどれくらいをお考えですか

    回答予算は2000万円前後(1月3日)

 ご質問 テラス・ベッドルーム・土間・ゲストルームの他に要望な部屋はありますか?

    回答ベッドルーム・ゲストルームの他に6畳程の洋室一つ 3LDK+土間(1月3日)

 ご質問 建物の全体の大きさ(述べ床面積)にご希望はありますか?もしあれば何u位か教えてください。

    回答述べ床面積 100u位(1月3日)

 ご質問 要望の部屋(テラス・ベッドルーム・土間・ゲストルーム・浴室等)の広さにご希望はありますか?もしあれば何u位か教えてください。

    回答キッチンは独立型とし 家は全体に出来るだけ広さが感じられる様にベッドルームはファミリールームとしても使いたいテラスは アウトリビングと考え 冬暖かく夏の陽射しを考慮(1月3日)

 ご質問 お二人の趣味があれば教えて下さい。

    回答趣味は音楽と読書(1月3日)

 ご質問 野菜作りをしているそうですが何の野菜を作っているのですか?

    回答野菜は家庭菜園で何でも作る 100坪ほどの畑だが小型耕運機使用、収穫した野菜の処理が色々ある(1月3日)



 

■ 募集内容 

家族構成

    60歳前後の夫婦2人。  小型老犬1匹。

希望条件・要望

    ・どっしりしたヨーロッパ製家具(アンティーク調)の映える家。
    ・外見はすっきりシンプルで家の中が落ち着いて明るい家。
    ・十分な軒下の有る家、従って、もし北側に台所やダイニングルームを配置する場合は天窓がほしい。
    ・冷暖房は最小限でも快適に過ごせる、冬暖かく夏涼しい家。
    ・一年中テラスライフを楽しみたい。
    ・マスターベッドルームにはトイレとシャワーがある洗面室をつける。
    ・和室をゲストルームとして使用するので、お客にリラックスしてもらえるよう、生活空間から離し、且つメインのトイレ、風呂、洗面室の近くにしたい。  
    ・近くで野菜作りをするので、土間/物置がほしい。

駐車場の有無

     2台分。

入居時期

 

予算

 



 

■敷地概要 

所在地

    千葉県夷隅市

敷地面積

    約200坪  東西25mx南北26m(ほぼ真四角)

    北側 私道4.7m幅
    東側 公道7m幅
    西側 200坪の宅地。新築の平屋が建っている。
    南側 一段低くなって田圃が広がる。

    *田圃の中を通っている10mの公道の南側に4軒の宅地分譲。

    北側の10mの公道に面して2軒、その南に私道4.7mを挟んで2軒。
    南側の2軒の内、東側の宅地が今回の敷地。
    東側7mの公道は農道を南側2軒の導入路として舗装。(舗装幅は5m位)
    家からは南側に視界180度以上の田圃が広がり、その先は木立で、その更に先は低い丘陵。

法的条件等

    都市計画区域外(都市計画法はかからない)



 

■敷地現状 


現在の状況
 


 ▲南方向

 
 ▲西方向



 

Webコンペ事務局よりひとこと

    ・「Webコンペ」についての説明はこちらをクリック
    ・応募案の提出方法はこちらをクリック
    ・締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、メールで質問してください。
    ・コンペの参加費は無料です。



 

 back

 
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com