compe-web.com

応募要項

 

125


    長野県軽井沢町の礼拝堂&住宅設計デザイン

    コンペのジャンル:新築礼拝堂&住宅の設計デザイン提案
    応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部など

    締め切り:8月1日に〆切られました。
    ご応募ありがとうございました。



 

結果報告


    開催者の方より

    このたびは大変お世話になり、本当にありがとうございました。これまで検討を重ねてきましたが、残念ながら「採用案なし」という結論に至りました。ご報告申し上げます。

    結論に至るまでの経過をご報告申し上げます。

    コンペ案を頂いて、検討させていただきましたが、まずデザイン的に気に入った案をご提案くださったパルインターナショナル様とプロスペクトコッテージ様と面談いたしました。
    パルインターナショナル      Page    1    2    3    4     5    6

    プロスペクトコッテージ一級建築士事務所   Page 1    2    3    4     5    6

    パルインターナショナルの建築家の方々は、とても魅力的で、経験も豊富で、とても良い印象を受けました。主人が彼らの現場も見に行き、現場での監督ぶりにも感銘していました。
    最終的に、提案された構造が2×6工法であることが、どうしても受け入れることができませんでした。

    プロスペクトコッテージ様の案は内装のデザインが一番気に入ってお会いしました。デザインの良さがありましたが、実質的な部分で断念いたしました。

    その後、面談したのが前田紀貞アトリエ様です。
    前田紀貞アトリエ一級建築士事務所      Page    1    2    3    4     5    6

    コンペ案も立派で、有名な建築家でもあったので予算的に無理ではないかと思いつつ、お会いしました。非常にテキパキと要望を聞かれ、非常に好印象を抱きました。
    音響的な要望もあれこれお願いし、2度目の面談をおこないました。
    建築費の概算も出してくださったのですが、予算の点で折り合いがつかず難しいかなということになりました。
    また、前田さんとの第1回の面談の後、知り合いの音響設計の方の助言で、鉄筋の方が音響には良いとのお話も伺いました。

    その後、鉄筋で提案された筒井亮平事務所様とアルコット事務所様と面談しました。
    挙寤范コ平建築設計事務所      Page   1    2    3    4    5    6

    アルコット建築設計事務所      Page    1    2    3    4    5    6

    筒井さんのデザイン案は、かなり具体的で気に入っていました。お会いしてみて空調設備や音響面など決めきれませんでした。

    アルコット事務所の方は、実質的な面で良かったのです。依頼先の施工会社が決まっていて、そこに頼めば予算的にもクリアできるという提案でしたが、かえって悩んでしまいました。設計士の方には、現地の施工会社に見積もりを取ってもらって工事費を精査していただきたいと思っていました。



    最終的な候補先として考えていたのが、前述した前田さんでした。大変良くプランも練ってくださり、情報収集もしてくださったのですが、残念ながら予算面で、どうにも折り合えませんでした。気候の厳しい土地で、しかも音響的なことも考えていただくというのは、かなり難しい課題だったのだと痛感しました。

    また、現地見学会を自由に行なったことで、地元役場に相当な迷惑をかけた設計者の方々もいたことも知りました。コンペ方式の難しい点でした。

    ただ、このコンペを通して、実に多くのことを学び、少なからず建築について知識も得ました。本当に感謝しています。
    ご応募の皆様ありがとうございました。

     

    経過報告

    開催者の方より

    このたびは私どもの建築計画に多くの案をいただき心より感謝申し上げます。
    コンペ開催中に楽器製作者が決まったことなどの事情により、現在、建物の構造面、機能面、音響面、そして予算との刷り合せが現実的に可能なのかということに焦点を絞って頂いた案を検討させて頂いています。
    これまで数社と面談致しましたが、決定までには至っておりません。
    私自身に現在、時間的余裕がなく遅々として申し訳ないのですが、時間をかけて検討したいと考えております。
     



 

    ご応募ありがとうございました。
    先週開催者の方に全ての応募案は受け取っていただいています。

応募された方の応募作品を掲載いたします。(順不同・敬称略)
事務所名は建築データベースにリンクしています。

秋吉正雄建築設計事務所      Page    1    2    3    4     5

archi-unit 川崎洋人      Page    1    2    3    4     5   

アトリエ環境システム      Page   1    2    3    4    5    6

アトリエSOHO一級建築士事務所      Page    1    2    3    4     5    6

アルコット建築設計事務所      Page    1    2    3    4    5    6

伊佐次建築設計事務所      Page    1    2    3    4    5    6

滑竝闌h環境計画事務所      Page    1    2    3    4     5    6

AE 添田直樹・今津修平      Page    1    2    3    4     5    6

潟Gフティデザイン建築事務所      Page   1    2    3    4

(株)オデッセイ オブ イスカ      Page    1    2    3    4     5    6

河合俊男建築事務所      Page   1    2    3    4    5    

河原泰建築研究室      Page   1    2    3    4    5    6

(有)久保寺敏郎都市・建築設計事務所      Page   1    2    3    4    5    

くろふね建築研究所      Page   1    2    3    4    5    6

小場瀬 &アソシエイト      Page   1    2    3    4    5    6

(有)システム工房      Page    1    2    3    4     5    6

スタジオ創      Page   1    2    3    4  

高橋誠設計室      Page   1    2    3    4    5    6

挙寤范コ平建築設計事務所      Page   1    2    3    4    5    6

角田綜合設計事務所      Page    1    2    3    4

(有)テスク建築設計事務所      Page    1    2    3    4     5    6

中島光三設計事務所      Page    1    2    3    4     5    6

西尾建築設計事務所      Page   1    2    3    4    5    6

(有)波多野建築事務所      Page    1    2    3    4     5    6

樋口善信建築計画事務所/一級建築士事務所 Page   1    2    3    4    5    6

平岡順子建築設計事務所      Page   1    2    3    4    5

パルインターナショナル      Page    1    2    3    4     5    6

プロスペクトコッテージ一級建築士事務所    Page    1    2    3    4     5    6

(有)プレイスデザイン      Page    1    2    3    4     5    6

PON      Page    1    2    3    4     5    6

VuA(ブイ・ユー・エー)      Page    1    2    3    4     5    6

前田紀貞アトリエ一級建築士事務所      Page    1    2    3    4     5    6

泣с}トプランニング      Page   1    2    3    4    5    6

夢遊空間       Page   1    2    3    4    

蒲t建築設計事務所      Page   1    2    3    4    5    6

LIB−contents+atelier137      Page    1    2    3    4     5

匿名A      Page    1    2    3    4     5    6

今までのコンペ結果や、応募案をご覧になった方から、応募者にご自分の家の設計を頼めないか、というお問い合わせをよくいただきます。応募案の社名は建築データーベースにリンクしていますので、直接ご相談をしてください。


■法的条件の詳細について追加 

法的条件の詳細追加 


    現地見学申し込みは終了しました。(7月11日)

     個別に地元役所に問い合わせされた方より、当該地は住宅しか建てられない場所では?との質問をいただきましたが、今回建てる建物は、あくまで音楽家が生活する住宅であり、その住宅に礼拝堂の趣をもった音楽室があるという主旨です。宗教家のための宗教施設ではありません。
    何度も申し上げているように住宅の建設計画です。主旨が理解できない方は、応募しないでください。
     また、建ぺい率、容積率の件ですが、初期要項にあるように建築基準法では30%、50%ですが軽井沢自然保護要項の規制により、20%、20%です。

     また、応募希望の方やご質問者で、データーベースに掲載のない方、実際に設計実務のできない無資格の方やメールにご住所無記名の方につきましては、現地見学ご遠慮ください。


     現地では非常に迷惑をおかけしているようですので、設計者として個別に地元役所に繰り返しお問い合わせされるのは絶対にやめてください。非常識な対応の方につきましては選考外といたしますので、応募しないでください。

    現時点で詳細不明の法的対応部分や、応募要項や質疑で返答していない、できない点につきましては、各応募者の方のご判断におまかせいたします。実際に設計者の方を選定させていただいたうえで詳細に詰めていくものと考えております。

    どうぞよろしくお願いします。(7月9日)

     


    法的条件の詳細についてお問い合わせがありました、役所に聞きました。
    大勢の方が直接役所に問い合わせているみたいで、役所の方が困っていらっしゃいましたので、ご提案の選択が終わって設計者の方を決定するまでは直接役所に設計者としてお問い合わせされるのはご遠慮願います。
    (7月8日)
     


    第一種低層住居専用地域

    外壁後退について
    隣地境界線より1.5m、道路境界線より2.0m

    日影規制について
    軒高7M以上の場合は、2時間〜3時間(測定高さGL+1.5m)で制限

    建ぺい率、容積率とも軽井沢自然保護要項の規制により、20%、20%です。
     

    風致地区の規定について
    第二種風致地区 屋根の色:黒色または緑色、外壁の色:茶色または灰色

    対象エリアはこちら→

    保存緑地制限について
    町道より20m以内の建設行為は不可

    砂防区域について
    砂防施設と建設物の距離が近い場合には、距離の測定も含めて建設前に事前相談と申請の必要があります。計画上特に建設制限はありません。

    河川保全区域について
    河川保全施設と建設物の距離が近い場合には、距離の測定をお願いをする必要があります。計画上特に建設制限はありません。

    地域森林計画対象保有林について
    敷地全体が対象となっています。建設に伴って森林伐採が必要な場合は届け出が必要です。が、伐採制限はありません。


 

■希望条件の追加 

希望条件の追加 (6月28日)

    希望条件に下記の事項を追加していただきたく存じます。どうぞよろしくお願い致します。

    ●礼拝堂はパイプオルガンが主体となる(パイプオルガンのための礼拝堂)とお考え下さい。

    ●設置するパイプオルガンはドイツバロック様式の予定で、オルガンに調和する空間をオルガン製作者と施主(音楽家、芸術家)と建築家とが協働するプロジェクトとしてご理解ください。オルガン製作者は決まっています。

    ●礼拝堂の大きさですが、オルガンの音響面から奥行きがもう少し長い方が良いとの助言を頂きました。申し訳ありませんが間口4.5軒、天井高4.5軒〜5軒、奥行き8軒程度として考えてください。

    ●コンペ案と一緒にご経歴、これまでの作品、教会建築のご経験の有無などを明記したプロフィールをご提出ください

    ●予算はマックスで6.000万(オール込み)です。工事見積もり段階で予算オーバーの場合は白紙に戻します。


    ◆(6月30日追加説明)
    予算についての要望を追加したのは、素晴らしい設計案であっても、予算的に実行不可能な非現実的な案では困るということと、6千万以上の予算は事実上無理ということを明確にしておきたかったからです。
    最終的な工事費(建築費+設計管理費+税金+諸経費)が6千万を出ないということであれば結構です。

 


 

■現地見学 


現地見学申し込みは終了しました。
 

     現地写真をご準備いただきました。(6月13日)


▲南側の道路  右手に石積の敷地門柱


▲門柱から敷地に向かっての眺め


▲南庭左の木の間が門柱


▲北西方向を眺める。手前の樹が東側の敷地境界
この方向に離山が見える。


▲西側の川



    現地見学申し込みは終了しました。
     現地見学の許可が出ました。(5月28日)
    現地写真は開催者の方がご準備中ですが、今回、現地見学できないかとのお問い合わせが多く寄せられました。その旨お願いしておりましたところ、開催者の方より現地見学の許可が得られましたのでお知らせいたします。
    応募希望の方に現地の雰囲気をつかんでいただくのが目的です。

    尚、見学申し込みは、事務所登録をして設計業務をおこなっており、データーベースにて貴社情報公開可能な方に限らせていただきます。
    また、現在データベース登録をおこなっていない方で、見学申し込みなさりたい方は、見学申し込みと同時にデータベース登録をおこなってください。

建築関連会社&アトリエ&建築専門家のデータベースへの登録はこちらから。

    現地見学申し込みは終了しました。

    見学申し込みは、応募〆切り3週間前まで、7月11日までとします。
    尚、開催者立会いでの見学会等はおこないませんので、見学希望者の自己都合で直接現地を見に行ってください。

    見学希望の方は、件名を「コンペNo.125現地見学希望」として、住所、事務所名、担当者氏名、ご連絡先をご記入いただきメールにて申し込みください。現地住所をお知らせいたします。

    ※現地見学は、希望者のみで応募条件ではございませんので現地を見ないでの応募は可能です。
    尚、隣接敷地への無断立ち入り等、周辺にご迷惑をおかけする行為はご遠慮ください。
    また、敷地住所はコンペ応募希望者のみに公開するものであり、第3者への情報提供や公開は禁じます。

    現地見学申し込みは終了しました。
                             

     


■質疑応答 

質疑応答
 

 ご質問 風致区域界(破線に三角形2ツ?)がありますが、風致地築は線より西東どちら側でしょうか?

    回答 西側です。 (6月28日)

 ご質問  ご自宅と礼拝堂を別棟でとお考えのようですが、ご自宅の玄関と礼拝堂の出入り口はどの程度離したいとお考えですか?

    回答  それは両棟の配置によると思います。逆に玄関がひとつという案も考えられるかもしれません。(6月28日)

 ご質問 道路高さ(門の位置)から自然緑地保存の20mまではスロープで下っているのでしょうか?

    回答 平らです。 (6月28日)

 ご質問  外観においてなんらかの十字架の表現は必要ですか?また、鐘楼は必要ですか?

    回答  明らかに概観上、礼拝堂とわかる建物にはしたいです。鐘楼は必要ありません。
    (6月28日)

 ご質問  礼拝堂の内部空間は、明るい空間もしくはステンドグラスが映えるような暗めの空間いずれがお好みでしょうか

    回答 礼拝堂の内部空間は、窓は少なく、光の変化が時の移ろいとともに感じられる空間。 (6月28日)

 ご質問  礼拝室の寸法を約8m×12m×8mになさりたい理由を教えてください。

    回答この大きさにこだわっているのではありません。建ぺい率や高さ制限から、そして間口、天井高、奥行きの比率の目安として、この程度の寸法を具体的に示したまでです。オルガンの音響なども考慮し、多少の割り増はあると思ってください。それから比率は大事な要素です。(6月28日)

 ご質問  礼拝室の床に傾斜を設けることは可能ですか?

    回答否。天井も片流れは否。(6月28日)

 ご質問  オルガン奏者が演奏時に向く方向は祭壇方向ですか?聴衆方向ですか?

    回答この質問の意味よくわかりません。オルガンの設置位置ということでしょうか?設置位置は、祭壇上に置くか、あるいは構造上、あとオルガンの大きさにより可能であれば、入り口の上(バルコニー上)というのも考えられます。(6月28日)

 ご質問  ご自宅部分の提案が二階建てになる場合、それは問題になりますか?

    回答なりません。吹き抜けのリビングがある二階建てはいいと思います。(6月28日)

 ご質問  2つのベッドルームのそれぞれの使用者はどなたを想定してますか?

    回答 主寝室とゲストルーム。来客がなければ、夫婦それぞれ別使用はありえます。 (6月28日)

 ご質問  水回りの位置について好みはありますか?

    回答  主寝室に近いこと。(6月28日)

 ご質問  アウトドアリビングなどは楽しまれますか?

    回答 できれば楽しみたいです。 (6月28日)

 ご質問  コンペ主催者がこの住宅に住まわれる予定ですか?

    回答 そうです。(6月28日)

 ご質問  上水は南側道路からの引き込みができますか?

    回答 できます。前の道路は町道ですので。(6月28日)

 ご質問  雨水は敷地内浸透処理ですか?

    回答 だと思います。移設は可能でしょう。(6月28日)

 ご質問  凍結深度はいくつですか?

    回答90センチほどと聞いています。(6月28日)

 ご質問   敷地は都市計画区域外と考えてよろしいでしょうか?

    回答はい。(6月16日)

 ご質問   敷地は都市計画区域外と考えてよろしいでしょうか?

    回答はい。(6月16日)

 ご質問   オール電化住宅をお望みですが、補助暖房などでプロパンを使うことは可能ですか?

    回答プロパンは考えていません。灯油はありえます。(6月16日)

 ご質問   OMソーラーはいかがでしょうか?

    回答特に考えていません。(6月16日)

 ご質問   この敷地を選ばれた理由をお聞かせください。

    回答ロケーションと自然環境の良さから、とても気に入ったからです。(6月16日)

 ご質問   土地の西側(河川側)に住居、東側に礼拝堂をお考えとのことですが、その理由をお聞かせください。

    回答それが土地をうまく活用することになるからです。門柱が南道路のかなり東寄りにあるので、門からプライベート空間を見ることなく、礼拝堂に行けます。基本的に礼拝堂は閉じた空間です。住居は開かれた空間で、眺めの良い南西の庭の景色を楽しみたいと思っています。(6月16日)

 ご質問   逆の提案は否ですか?(礼拝堂に西日を入れるとか)

    回答否。礼拝堂に西日は全くの想定外です。(6月16日)

 ご質問   礼拝堂は普段は一般に公開されるのでしょうか?非公開の場合は年に何回くらい公開の予定ですか?非公開時は鍵がかかっているのか)

    回答常時の公開はありません。GWや夏休み期間に音楽会、その他の行事で公開します。その他の時は、施錠します。(6月16日)

 ご質問   パイプオルガンは礼拝堂の1階になければなりませんか?2階では?また前方と後方ではいかがでしょう?(2階の後方でも可能でしょうか?)

    回答パイプオルガンは礼拝堂の中心的役割を担います。2階バルコニーに置いている教会もありますが、重量、高さのことを考慮すると、2階に置くことは無理だと思います。1階の前方に設置する予定です。(6月16日)

 ご質問   アプローチの雪掻きなどはご自分でなされますか?

    回答 できればしたくないですね。(6月16日)

 ご質問   南側庭の造園は考えていますか
     アプローチはどの程度造園できますか

    回答考えていますが、必ずしも建物と同時進行の予定はありません。
    門柱から玄関までです。(6月6日)

 ご質問   宗派は特定されておられないということですが、カトリックまたはプロテスタント等の種別もないということでしょうか?

    回答ありません。エキュメニカル(超教派)とお考えください。(6月6日)

 ご質問   礼拝堂の建設目的が布教活動ではないということですが、商業目的なのでしょうか?

    回答否。音楽と祈りの場です。(6月6日)

 ご質問 礼拝堂祭壇は、東向きにすることについてはどのようにお考えでしょうか?

    回答構いません。(6月6日)

 ご質問   方角に対しては自由でも良いのでしょうか

    回答土地の西側に住居を考えていますので、東側に礼拝堂が位置するとお考えください。(6月6日)

 ご質問礼拝堂の高さ8M必要との事ですが、最高部分と考えて宜しいいでしょうか?

    回答可能であれば、全体的にその程度の高さが欲しいです。(6月6日)

 ご質問  礼拝堂の様式採用によると、主廊および側廊との間に柱が出ることになりますが平面形要望の8Mの幅内で3廊形式を構成しても良いということでしょうか?

    回答トゥルネもフォントネーも3廊形式ではありません。3廊形式を特に希望してはいません。構成されるのは良いですが、ただ主廊の幅がかなり狭くなるのではと懸念します(6月6日)

 ご質問   西側の河川の写真が有れば見たいのですが。無ければその景観はきれいですか。

    回答今、手元にありません。対岸には木造の別荘が建っています。北西方向には離山の頂きが見えます。景観として美しいのは、南側の庭です。 (5月31日)

 ご質問 フランスのロマネスク建築、シトー派修道院のイメージというのは、様式すか、それとも その質素な空間と光の感じですか

    回答 両方です。「質素」というより、全ての無駄をそぎ落とした究極の美しさ、と私は捉えていますが。(5月31日)

 ご質問
その場合、建築として必要な諸室・機能などはありますか?  あるいは、広い意味での祈りの空間(多目的に音楽会などにも使える)としての提案は可能ですか?
 礼拝堂には、給湯室(ミニキッチン)、子供つれの方の部屋、トイレ等、御入用>の御部屋の種類とどれぐらいの広さ(帖で構いません)がだいだい必要かお教え下さい。

    回答 トイレ、物置き、床暖房は必要です。重要なことは音響、楽器への配慮。はい。音楽会にも利用します。(5月31日)

 ご質問礼拝堂について、特定の宗教・宗派による利用を考えておられますか?

    回答 キリスト教です。(5月31日)

 ご質問 礼拝堂の椅子は、固定式もしくは可動式(ホールとしても使用?)とどちでしょうか。

    回答 可動式。木製の長椅子を置く予定です。(5月31日)

 ご質問礼拝堂と自宅のつながりはどのように考えておられますか。思ったままで構いませんので宜しくお願い致します。

    回答 つながりは要りません。礼拝堂は非日常的空間、生活感のない空間であり、住居は生活の場ですから。でも、外観的な一体観はあったほうが良いかなと思います。(5月31日)

 ご質問  住宅にお住まいになるご夫婦が牧師を兼ねられるのでしょうか。それとも、外部からこられるのでしょうか。牧師は何人ですか。
礼拝はどの程度行われますか。信者は何人くらいですか。近くにお住まいなのですか。
礼拝以外に毎日の集会、布教活動はどの程度なさっていますか。何人くらいがの程度の頻度で集まりますか。

    回答 兼ねません。日常的に牧師が来ることは想定外です。
    こちらは宗教法人ではありませんので、布教活動は行いません。(5月31日)

 ご質問 駐車場は何台必要ですか

    回答 「不要」と応募要領に記してあります。(5月31日)

 ご質問  居住用の住宅ということですので、日常の生活スタイルをお教えください?

    回答 何を答えればよいのか、よくわかりません。普通の人と変わりませんが。(5月31日)

 ご質問 キッチンはどの程度使われますか。オープンキッチンかクローズかどちらがいいですか。

    回答 普通に使います。オープンキッチンがいいですね。(5月31日)

 ご質問 礼拝堂の計画に関わる宗派、教義等お教えください。

    回答 キリスト教。宗派は特定しません。(5月31日)

 ご質問 礼拝堂と住宅は内部でつながる必要がありますか。

    回答 ありません。(5月31日)

 ご質問 オルガン奏者は外部からこられるのですか。

    回答 その場合もあります。(5月31日)

 ご質問 礼拝堂の年間の開館時期、季節、時間をお教えください。冬も開かれますか。

    回答不定期です。冬は特別な場合以外、公開はしませんが、冬も使います。 (5月31日)

 ご質問 結婚式は行われますか。その場合、パーティは別の場所で行われまか。

    回答 その予定はありません。(5月31日)

 ご質問ピアノ等の音楽会の楽器はどこに収納されますか。

    回答 ピアノを置く予定はありません。楽器収納庫は要りません。パイプオルガンを礼拝堂内に設置します。(5月31日)

 ご質問  上履き、下足の区別についてですがーーー住宅部分は、普通に玄関での履き替えと考えて宜しいでしょうか?

    回答 はい。(5月24日)

 ご質問  礼拝堂ですが、上履き、下足どちらでしょうか?あるいは、設計者の提案で決めても宜しいのでしょうか?ご指示ください。

    回答 礼拝堂は原則、下足と考えています。(5月24日)

 ご質問  パイプオルガンのサイズをお教えください。現在お持ちでしょうか、
これからご購入でしょうか?購入の場合本工事費外でしょうか?

    回答 小さな運搬できる大きさのオルガンを今、発注しているところです。
    礼拝堂建築後に、建物の大きさに合ったものを購入予定です。
    オルガン購入費は建築工事費外です。(5月24日)

 ご質問  礼拝堂には、座席数はどの程度必要でしょうか。

    回答 50〜60程度。(5月24日)

 ご質問  和室は不要と考えてよろしいでしょうか。

    回答 特に必要ではありません。(5月24日)

 ご質問  可能であれば、建設地をもう少し具体的に出来ますでしょうか?

    回答 旧軽井沢の別荘地です。(5月21日)

 ご質問  コスト的な部分の明確な提示があれば都内からのご提案は可能でしょうか?

    回答 勿論です。(5月21日)

 ご質問  敷地の写真のアップをお願いしたいのですが。

    回答 今、手元にないので来月初旬にでもアップできるよう手配します。
    (5月21日)

 ご質問  礼拝堂のイメージは、フランスのロマネスク建築、シトー派修道院といったイメージとのことですが、安藤忠雄さん設計の光の教会、水の教会などのような現代的な建築は、眼中にはございませんか。お手数ですが御返答宜しくお願い致します。

    回答 水の教会は存じ上げません。光の教会の採光は魅力的と思いますが、コンクリート打ちっぱなしの建造物は、ことに軽井沢という立地上、楽器のためにも私共の健康のためにもNGです。(5月21日)


 

■ 募集内容
6月28日に希望条件が追加されましたので、ページのトップをご覧下さい。

家族構成

    夫婦2人

希望条件・要望

    旧軽井沢の土地(約370坪)に礼拝堂と自宅を新築希望
    礼拝堂はパイプオルガンを設置し、音楽会などにも使用する予定

    礼拝堂は約30坪(天井高8メートルくらい)
    礼拝堂の大きさ:(約8m×12m×8mのスペースが欲しい)
    パイプオルガンの音響(残響が2〜3秒欲しい)も考慮してほしい。
    また楽器のためにも通年で温度、湿度の差が激しくならないように。

    自宅35坪程度
    住居は、シンプルな間取りで開放的空間、必要なのは、広いLDKとベッドル−ム2つ

    寒冷地なので、湿気・寒さ、ことに結露に対して完璧な対策が必要
    全館床暖房としたい、またオール電化希望
    別荘ではなく、永住希望です。

    イメージの要望:
    礼拝堂は、フランスのロマネスク建築、シトー派修道院といったイメージ

駐車場の有無

     不要

入居時期

     
    竣工は来年秋か、遅くても再来年春を希望
         

予算

     オール込みで6千万円
    (内訳:建築予算5千万、設計監理5百万、外溝工事2百万、他)

01

 

02■敷地概要 

所在地

    長野県軽井沢町

敷地面積

    敷地面積:1,221u

法的条件等

    建20% 容20%  高さ制限10m
    南道路から20mは自然緑地保存で建築できません。



 

■敷地現状 


現在の状況
 

    敷地図    1     2



 

Webコンペ事務局よりひとこと

    ・「Webコンペ」についての説明はこちらをクリック
    ・応募案の提出方法はこちらをクリック
    ・締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、メールで質問してください。
    ・コンペの参加費は無料です。



 

 back

 
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com