compe-web.com

応募要項

 

No.075

    名古屋市の駐車場造成設計

    コンペのジャンル:駐車場造成設計
    応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部・建設会社など

    締め切り:5月26日に締め切られました。
    ご応募ありがとうございました。



 

 

結果報告

▲完成写真  筧建築設計 様より、完成のご報告いただきました。 

完成写真はこちら→工事経過の記録もお送りいただいています。

自然の敷地形状を生かしながら、将来建築へと成長していくことを念頭におかれたプランとデザイン。将来の建築との関係も考慮されて敷地に残された樹木と壁の対比的扱いが、自然と人工物との関係を示していて、アースワークや彫刻的な印象です。特にエントランス側の壁面は、RC打ち放し建築としてのシャープさで、そこにスーっとはいった十字形のラインがアクセントになっています。駐車場の設営のための土木的事業が将来の建築を胚胎する土台になっていく・・・将来へ向かっての時間の経過をデザインの要素に取りこんだ。ともいえる活気的なプロジェクトといえるのではないでしょうか。(建築Web)
 



 


結果報告
 


    開催者の方より結果の報告がありました。
    *******************************************************

    各々の応募案について、以下に私の感想、そして最終決定案をお伝えします。

     まず、このコンペに参加していただいた三人の建築家の方々に感謝いたします。
    三案いずれも非常によく練られたプランで、正直いって選択するのは相当困難なことでした。それぞれコンセプトがまったく異なり、プロの発想力には舌を巻きました。とはいえ、どれかに決めねばなりません。そこで、私たちが逡巡した過程はあえて示さず、決定打となった点のみお伝えしたいと思います。

    田村氏のプランについて。私がお伝えしたように、「なるべく多くの車を止められるように工夫」していただいた結果、なんと15台! これには驚きました。私が頭をひねって導きだした結果が最大13台だったのですから。水勾配、いくつもの正確な断面図など、お見受けしたところ、土木のプロであるとの印象をうけました。もし、今後駐車場経営のみ何十年もこの地で続けてゆくのであれば、この案に勝るものはありません。しかし、私はこの後自宅を建てる目論見を持っています。それも何年後になるのか(ひょっとして5年後?)まだ未定なのです。仮に自宅を建てようとすると、このプランを採用したときに不可避な真ん中の1メートルの断絶が邪魔なものになってしまいます。結果として、建築時に再度の大掛かりな造成を要することになり、コストパフォーマンスがよいのか、いささか疑問です。駐車場造成後の建築のほうに私がより比重を置いていることを、うまく伝えられらなかったことが残念です。

    山田氏のプランについて。とてもエレガントな設計図で、築山を作り自然との調和を目指すなど、まったく思いもよらなかったことであり、目からうろこでした。方向転換スペースの発想もよく、駐車場の使い手によく配慮されていて、氏のバランス感覚の良さに魅せられました。ただ、築山となる予定の南東角を中心に将来家を建てるつもりであり(ここの地盤が一番安定しているためです)、さすればこの地を築山として残すことが長期的にコスト削減につながらないこと、強度を上げようとの意図で提案された地下駐車場での車二台の出し入れが不便で、賃貸するにせよ自ら用いるにせよ、あまり実用にそぐわないように思えたこと、さらにここは高級住宅街で(コンペの前情報では示していませんが)、軽自動車四台はこの地域のニーズに合わないことなどが、ネックとなりました。

    最後に筧氏のプランについて。シンプルな設計の中に、見出せる限りの可能性を吟味しようとする姿勢が窺われました。最終決定者である私に、様々な可能性を提示し、どんなプランにも応じてみせようという柔軟さが感じられました。将来の家の建築に対する配慮、具体的なコストの提示など、漠然とした将来設計しか持ち合わせていない私たちに安心を与えてくれたように思います。

     

    結果、最後の筧氏の案を採用することとなりました。繰り返しますが、どの案が最良であったかではなく、どれが今の私たちのコンセプトに一番フィットしたかということです。重ねていいますが、どの案も大変すばらしいものでした。皆さんの今後のご活躍に期待しています。
     



 


応募された方の応募作品を掲載いたします。(順不同・敬称略)
事務所名は建築データベースにリンクしています。
 

筧建築設計   Page    1   2   3

田村商店設計室   Page  1

山田建築事務所   Page  1  

今までのコンペ結果や、応募案をご覧になった方から、応募者にご自分の家の設計を頼めないか、というお問い合わせをよくいただきます。応募案の社名は建築データーベースにリンクしていますので、ご連絡先など確認していただき直接ご相談をしてください。



 

■ 募集内容 

家族構成


    東西に31.818m,南北に10.910m,計347平方mの長方形の土地で、西側面が5.4m幅の一方通行道路に面しています。
    地目は山林で、高低差が約6mあります。現在は雑木林となっており、これらを伐採したうえで、駐車場を作ろうと考えています。(将来、ここに自宅を建てたいのですが、現時点ではその前段階まで準備するのが狙いです。)

    南東角が最高点で、北西角が最低点になります。そのため、北側に大きなよう壁を要すると思います。西側斜面に将来居住するときに用いる2台分の地下ガレージを作ることが必須で、あとの駐車場はどのように切ってあっても構いません。先々、住宅を作るときに半地下の部屋が欲しいので、その点に配慮して頂きたいのと、効率よく営業したいため、なるべく多くの車が止められるよう工夫をして頂きたいのです。
     実は地元の業者に一度見積もりを出してもらっています。それがきわめて標準的なプランだったので、よりよいアイデアとコストパフォーマンスも求めてのコンペ参加になります。慎重に比較検討させていただきたいと思います。
    どうぞよろしくお願いします。

 

希望条件・要望


     幅は2.2mから2.3mを想定しています。耐震についてもしっかりご検討ください。安く作っていただけるのが理想であるのは言うまでもありません。
     

入居時期

     
    予定本年6月末にこの土地を取得することが決定しており、7月初めより、駐車場造成に取り掛かる考えです。
     

予算


    施工の一応の希望額は約1000万円(設計料は含みません)です。今回のコンペでは駐車場の設計のみ希望しており、施工はまた別に検討させていただきます。
     



 

■敷地概要 

所在地

    名古屋市

敷地面積


 ▲ 敷地図
 

法的条件等


    一種低層で、建蔽率30%,容積率100%となっており、建築条件はありません。
     



 

■敷地現状 


現在の状況
 


    実は既に地元業者に一度見積もりを出してもらっています。しかしそれは極めて標準的な設計内容で、また高いのか安いのかもわかりません。今回のコンペではより安価で個性的なプランをだしていただけることを期待しています(安全性へ十分な配慮をしていただきたいのは言うまでもありません)。それらをじっくり比較検討させていただきたいと思います。
     



 

Webコンペ事務局よりひとこと

    ・「Webコンペ」についての説明はこちらをクリック
    ・応募案の提出方法はこちらをクリック
    ・締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、メールで質問してください。
    ・コンペの参加費は無料です。



 

 back

 
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com