compe-web.com

応募要項

 


追加掲載
 

    開催者様の教会建築委員会より、ご要望がございました。
    応募時に応募建築家の皆様の実績、経歴書を添付してほしいとのことです。
    応募案に添付する書式等は自由です。(5月10日)

    また、建築データーベースに掲載でない方は、こちらでご入力ください。



◆先日おこなわれた現地見学会の様子です。(4月17日)


見学会時の質疑事項

.敷地の大きさは確定したのでしょうか?
   .現状未だ未確定です。が、道路側に2〜3m程度延びていることが判明しました。道路前     面角欠けの部分も無くなりましたコンペ用には
下図を最新とします。

.提出図面を大きいサイズにしたいのですが?
    .教会での取り扱い上、十数部コピーして信者の方々と相談する可能性があります。その      ためA3が望ましいですが、大きなサイズの紙を使用される場合は、運搬上も分割する      か、折るなどの措置を嵩じていただければと思います。

.隣地教会の塀は、教会側ですか?
     .現状境界線と塀の位置関係も正確には分かっておりません。新規に塀を設置されるお       考えの方は教会側で設置するとお考えいただくほうがいいです。
 



▲先日の現地見学会時に使えることが確認された部分。(4月17日)
下図のように道路側に2.5m分敷地が増えることになりました。

 


◆コンペ用最新のみなし敷地図。(4月17日)


 



◆敷地大きさについての問い合わせが非常に多く、開催者の方でも実測や登記図面の調査などいろいろと努力されていますが、諸事情もあって現状正確な敷地図は準備出来ない状況です。そのため、あくまでコンペ用の敷地図と面積を決めていただくようお願いしましたので、こちらをもとに設計応募してください。設計者が確定した後に測量なども含め建築家の方にご相談したいとのことです。どうぞご了承ください。(4月14日)

また、これまでの敷地情報からご自分でご判断して設計を進めていらっしゃる方はそのまま進めていただいても構いません。その旨開催者の方もご理解していただいています。(4月14日)

また今回のコンペ開催者様は、設計案をもとにしてあくまで相談者を決定する。というお考えですので必ずしも設計図上の敷地の整合性を問うものではありません。
敷地大きさにギリギリの形状を当てはめることは、決定後の実施設計上調整に手間取るようでしたらお避けいただく方がいいとのことです。(4月14日)

コンペ用の敷地図および面積 こちらにのっとて設計してください。(上記4月17日版が最新です。)



 


質問と回答
 


    ご質問   敷地に関して


    ご質問   年に数回のイベントや、月に2回の食事というのは教会内で行われるのでしょうか

      回答  教会内で行われます。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   既存の4人がけの椅子のサイズを教えていただけますか?

      回答  W242.5cm H86cm D43cm です。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   玄関におく予定の棚などは既存のものと考えてよいのでしょうか?

      回答  結構です。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   10台分の駐車場が必要とのことですが、これも敷地内に整備するということで宜しいですね?

      回答  結構です。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   現況でも10台の駐車は確保できておられるのでしょうか?

      回答  できています。但し、最初にいれた車を出すためには最後に入れた車から順番に出してからになります。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   車が出入りする時間帯というのは主に日曜礼拝の前後でしょうか?
     他に出入りが激しい時間があれば教えて下さい。

      回答  日曜礼拝の前後が一番出入りします。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   牧師様ご家族というのはある一定の期間で別の地域に移ったりされるのでしょうか?また、そうであれば どのぐらいの期間で別のご家族に代わったりすることが多いのでしょうか?

      回答  おっしゃるとおりです。牧師の任期は決まっていませんが、10年から20年の間ぐらいです。
      尚、現在の牧師一家の家族構成は書いてあるとおりです。
      高齢の教会員が訪問することがあるので、牧師館の玄関、リビング等は1階が望ましいです。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   教会員」とは礼拝に毎週こられる方のことでしょうか?

      回答  そうです。といっとも全員が毎週来るわけではありません。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   道路に面して設置する掲示板にはどんなことをかかれるのでしょうか?掲示物?ことば?

      回答  たとえば、集会の案内、次の礼拝の説教の表題、その年の目標となる聖句等が掲示されるます。質問の意図がよくわかりません。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   昭和初期に建設された感じの良い建物だと思ったのですが、部分的に保存/修復されるという考えはおありでしょうか?

      回答  業者の方に一度見てもらいましたが、部分的な改修ではとても無理であるといわれました。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   工期について、4月着工は建物建設開始と考えて宜しいですか?
     また、解体、整地は完了していると考えて宜しいですか?

      回答  今回の新築工事には、解体と整地も含まれています。4月着工の最初の作業はこの解体と整地になると思います。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   屋内と屋外に倉庫がありますが、差し支えなければ何を収納するのか(予定なのか)教えていただいてよろしいでしょうか?

      回答  屋内については台所に入らないもの、クリスマスツリーやその他の備品、手芸のための諸々の材料・道具など。折りたたみのいすや折り畳み長机等です。屋外については、バザーの組み立て式の屋台、道具、商品、ガスコンロ等です。(4月3日追加掲載)
       


    ご質問   礼拝堂は、東に向くことにこだわりますか。

      回答  こだわりません。
       


    ご質問   台所は大きいようですが、理由をお聞かせ下さい。

      回答  台所はだいたい、以下のように使われます。
      月に2回、礼拝後にうどん又はカレーなどの昼食(20人分程度)の準備をする。
      年に数回(クリスマス、イースター他)の祝会(50人程度)の為の食事を準備する。
      年に一度行われるバザーの為の食事を準備する(100食程度の、うどんやおでん)。ということで、台所をフルに利用する期間はそんなに長いわけではありませんので、広さに関していえば、可動式の壁やアコーディオンカーテンによって、調理スペースを変えられるようにしても良いかもしれません。
       


    ご質問   牧師様ご家族の家族構成をお聞かせいただけますでしょうか

      回答  その他 2にありますように、夫婦と小学生3人です。
       


    ご質問   古井戸の位置がわかれば、教えて下さい

      回答  敷地図面でいうと、”牧師館”の”牧”の字の下のあたりです。
       


    ご質問   取り壊しの範囲をお教え下さい(プレファブ、納屋は?)

      回答  すべてです。
       


    ご質問   プレファブ(6帖、8帖)は、どういった用途ですか?

      回答  現在は倉庫と、小集会の会場に使用しています。
       


    ご質問   工事費に設計監理料は含みますか?

      回答  含みます。総予算6500万で設計から工事から全てをまかなうつもりです

       ★予算計画について追加掲載(4月3日)

      教会・牧師館建設費・・・・5500万円(既設解体、照明、空調、器具工事費含む)
      設計費・・・・・・・・400万円(地盤調査費含む)
      外溝工事費・・・・200万円(植樹も含む)
      牧師仮設住居費…200万円(引越し、礼金敷金、家賃)
      引越し諸費用・・・200万円(各種分担金、教会引越し代)

      上記のような資金内容を考えてみました。
      内容が変わる事はいろいろあると思いますが、
      トータル金額が実施時(施工コンペ時)に超えると事業の白紙撤回再コンペになります。
      浄財によって賄いますのでその点ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
      (4月3日追加掲載)

 


募集内容
 

敷地
場所

    兵庫県姫路市

敷地
状況

    教会と牧師館があり、牧師家族が居住しています。

敷地
面積

駐車場
の有無

    駐車場は10台分(他の車を動かさずに出入りできる)を確保して下さい。

希望条件


    牧師館を併設する教会の設計
    工法問わず。総1階、一部2階等問わず。

    計画の意図:

    この教会は日本基督教団に属する教会で、毎日曜日40人程度の信者が集まり礼拝を守っています。場所は姫路駅の北方、姫路城の東側に位置します。現在の建屋は昭和14年に建てられたもので老朽化が進んでいます。同時期に建てられた牧師館と一緒に新築することにしました。高齢の教会員もいますのでバリアフリーでお願いします。

    要望内容

    1. 教会

    1.1 外観

    現在の教会の外観は、目立たないことが不満です。そこで、町並みにマッチしながら存在感があり、静かに目立つ外観が希望です。初めての人が入りやすいように、雰囲気はクールな感じではなく暖かい感じでお願いします。

    1.2 各部屋の説明

    原則として、土足のままの利用を考えています。床材は掃除が楽で、長持ちして、ころんでも怪我をしにくい建材が希望です。

    空調に関しては、現在使用しているエアコンとストーブをなるべく使用したいと考えています。

    現在使用している機器

    エアコン:三菱Mr.SLIM PCA-J160GA 1台
                    PCA-J80GA   1台
    ストーブ:ダイニチ ブルーヒータ  GH−F1500     2台

    (1)礼拝堂

    a. 1階にあり、明るさは現在と同じくらいのちょっと暗め、内装は木を多用してください。
    b. 半固定の長椅子が50人分、補助椅子で更に20人分おけるようなサイズで考えてください。
    c. 長椅子は既存のもの(4人×10)を使用してもかまいませんが、小物入れは要改造です。
    d. 講壇は対面型で、会衆フロアーから15cm程度高くしてください。講壇の説教台と司会台は別々でも、共通でも結構です。既存の講壇上の椅子、説教台の使用も可能です。
    e. オルガンは現在のものをそのまま使用します。奏者が講壇に対して背を向けないように配置してください。オルガンのサイズは1.5×1.5m2程度です。
    f. 音響設備も必要です。スピーカーは礼拝堂内とホール及び後述の多目的室につけてください。
    g. 講壇の横には後述の黙想室を設置してください。

    (2)玄関

    a.  長机一つ分の受付、70人分の事務ボックス(W180,D30,H180)、書棚(W180,D30,H180)を設置したいです。
    b.  他にコートハンガー、傘立てなども置きます。

    (3)ホールとロビー

    a. 結婚式や、お葬式などの大規模な会がある時は、礼拝堂につなげる事ができるようにしたいです。
    b. 可動式の間仕切りで10人程度の会議室が2つできるようにしてください。

    (4)黙想室

    a. 礼拝前に牧師・司会者・オルガン奏者が祈りを捧げる場所です。
    b. 講壇の横に設置し広さは4畳半程度を希望します。
    c. 永眠者記念スペースでもありますので壁にはなるべく棚を付けてください。

    (5)多目的室

    a. この部屋は下足をぬいで使用する予定です。床はフローリングでお願いします。
    b. 礼拝堂に隣接し、母子室としても使用できるように、ガラス越しに礼拝が見えるようにしてください。
    c. 広さは6畳程度で2畳の収納付きが希望です。

    (6)牧師室

    a. 応接用で6畳程度の広さがほしいです。

    (7)事務室

    a. 6畳程度の広さが欲しいです。

    (8)台所

    a. シンクを2つ持つような規模の台所。
    b. アイランド構造で、調理・配膳台を中央に
    c. ガスコンロが3口と、ガス炊飯器を起きたいです。
    d.横120cmの食器棚を3個程度おけるスペースが必要です。

    (9)トイレ
    a. このサイズの教会に適当な規模の物をお願いします。

    (10)倉庫

    a. 屋内に全部で8畳分程度
    b. 屋外に6畳分程度。

    1.3共通

    a.礼拝堂、ホール、多目的室、黙想室、多目的室、牧師室、事務室には情報コンセントを設けてください。情報コンセントには、ネットワーク、電話線、映像・音声回線をいれてください。

    2. 牧師館

    a.牧師家族が居住の為に使用します。通常の住居です。広さは100m2程度が希望です。
    b.教会と同棟・別棟は問いませんがプライバシィが確保できる構造にしてください。

    3.外回り

    a. 駐車場は10台分(他の車を動かさずに出入りできる)を確保して下さい。
    b. 現存の樹木を利用するかどうかは自由です。
    c. 周りとの境界に塀を作ってください。
    d. 道路に面して、180×90cm2程度の掲示板を設置したいです。
    e. 現牧師館前にある古井戸を掘り直して中水道として活用してください。

    4.その他

    1. 工事費の中には教会と牧師館の建屋の他に以下の費用を含みます。
    a. 現存の建屋、樹木等の取り壊し・処分費用。
    b. 建設工事期間中の教会の荷物を保管する倉庫の費用
    c. 建設工事期間中の牧師家族のための仮住居の費用とその引っ越し費用

    2. 牧師家族は夫婦と小学生3人です。仮住居は2DKで現在の小学校に歩いて通えるところにしてください。駐車場は1台分必要です。

    3. シックハウス症候群対策として建材はFc0(JAS基準)またはE0(JIS基準)の物を使用してください
     11

法的
条件

    用途地域 第1種住居地域
    建ぺい率60% 容積率200%
    防火地域指定 準防火
    日影 4時間-2.5時間

工事
期間

    2004年の4月から工事を開始し、同年9月末に完成希望。

予算


    全ての予定工事費は6500万円です。
    (設計コンペが終了し見積もり用の設計図が固まったところで、施工業者をコンペで選びます。)
     
    2

    ★予算計画について追加掲載(4月3日)

    教会・牧師館建設費・・・・5500万円(既設解体、照明、空調、器具工事費含む)
    設計費・・・・・・・・400万円(+地盤調査費?)
    外溝工事費・・・・200万円(植樹も含む)
    牧師仮設住居費…200万円(引越し、礼金敷金、家賃)
    引越し諸費用・・・200万円(各種分担金、教会引越し代)

    上記のような資金内容を考えてみました。
    内容が変わる事はいろいろあると思いますが、
    トータル金額が実施時(施工コンペ時)に超えると事業の白紙撤回再コンペになります。
    浄財によって賄いますのでその点ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。



 


敷地図面
 


▲ 敷地図

コンペ用はページトップにある最新の情報を参照してください
 



 1

敷地写真


▲現況写真
 


▲ 現在の礼拝堂の様子


 ▲ 現在の礼拝堂の様子


▲ オルガン


 ▲ 現在の礼拝堂の様子


 ▲ 現在の礼拝堂の様子


 ▲ 現在の礼拝堂の様子



 1

敷地写真(4月3日追加掲載)


コンペ用はページトップにある最新の情報を参照してください
 


 ▲写真1 (4月3日追加掲載)


 ▲写真2 (4月3日追加掲載)


 ▲写真3 (4月3日追加掲載)


 ▲写真4 (4月3日追加掲載)


 ▲写真5 (4月3日追加掲載)


 ▲写真6 (4月3日追加掲載)


 ▲写真7 (4月3日追加掲載)



 

 back

 
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com