compe-web.com

応募要項

 

No.052


    神奈川県大磯
    の新築住宅設計コンペ

    コンペのジャンル:新築住宅の設計デザイン
    応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部など

    締め切り:2月10日に締め切られました。
              ご応募ありがとうございました。


 


完成報告

    「この度、「立体交差の家」が、神奈川県主催の神奈川建築コンクール 住宅部門にて優秀賞を受賞致しましたので報告させて頂きます」とのご連絡を建築デザイン組織スワーブ 現:桑原茂/ラウンドテーブル一級建築士事務所 様よりいただきました。

    今回、非常に困難な状況を見事に克服されて映えある賞を受賞されましたことをこころよりお祝い申し上げます。またそのような案件にご協力できましたことを建築Webスタッフ一同嬉しく思います。ありがとうございました。
    http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kentikusido/hyosyo/happyou17.htm 
    (2005年10月04日)


    神奈川県大磯
    の新築住宅が無事完成引渡しされました。(2月27日)

    オープンハウスにて完成した建物を拝見して
    コンペ開催前から建て主のMさんをずいぶん悩ませていた北側急斜面は、ハウスメーカーなどでは、斜面を平らに造成することしか提案できず膨大な予想建設費ゆえに困り果てたうえでの設計デザインコンペでしたが、
    設計者の桑原さんは、そんな悪条件をものの見事に払拭しむしろ至極の空間を創り上げています。
    前面道路からは、ほぼ垂直に感じられる斜面に木々の隙間から見える黒い壁は、モノリスのようで彫刻的ですらあり、斜面にしがみついた階段を探検隊よろしく上ってみると、そこからは驚きの連続です。
     斜面の傾きに平行にしかも慎重に設置場所を選ばれたレッドボックスと、それに垂直に乗っかりつつ貫入するブラックボックスの2つの構成は、がっちり岩盤に組み付いており、岩盤と建物の隙間からアプローチするのですが、交差するボリュームに絡まるように上っていくという螺旋的な導線も住宅の体感的広さを大きくして、なにか山の中に抱かれているような安心感があります。
     室内に入ると360°の視界が開けます。レッドボックスの屋根がそのままデッキテラスとなって、西に大きく東には控えめに突き出して、そこからの眺めも格別です。
    リビングの空中浮遊感と下階の地底探検みたいな空間の対比も面白く、岩盤と地層が見える下の階は「地球科学館」、木々の緑に囲まれた上階は、「自然植物園」とでもいいたくなるような楽しい住宅です。
     非常な苦労を伴う設計と工事内容であるにもかかわらず、建築デザインにおいてそのような悲壮感は、微塵も感じられず、さらっとシャープで完成度の高い建物です。
     まるで、ノアの箱舟がアララット山の頂上に漂着したように、なにか超自然的な力でひょいっと建物がこの山の尾根に置かれたかのような印象さえ受けました。
    そうしたことからも、役小角が法力で投げ入れたと言われる三徳山の投入堂のように建築家の設計力で投入れた現代版「投入堂」とも呼べるものではないでしょうか
     実際に現地を見て、当初の設計が鉄骨であったことも思い出し、これが木造で実現されていることからも驚きが禁じ得ませんでした。(建築Web編集部)

    当初の提案
    建築デザイン組織スワーブ

    Page  1     2   3   4   5    6    7    8    9

     



   ▲下の道からの見上げ



 ▲階段からの見上げ



 ▲リビング



 ▲リビング南の窓


 ▲斜面からバルコニーを介して北側



 ▲バルコニーから西側
 



 ▲壁と基礎立ち上げの隙間から



 ▲バルコニーから南斜面と建物



 ▲基礎立ち上がり壁と玄関



 ▲岩盤に乗る



 


オープンハウスのお知らせ 
 

日時:2005年2月11日(金) 11:00〜17:00

・・・  終了しました

詳細はこちら




中間報告
 


  1. 開催者の方よりご報告いただきました。(12月27日)

   



 


結果発表
 


    開催者の方よりご報告いただきました。

    急斜面の敷地条件を活かす。ということで設計者の方をはじめ多くの方々のアドバイスとご協力と努力の結果、9月に着工の運びとなりました。
    コストと構造で非常にシビアな状況でしたが、来年の完成目指しています。
     2年かかりましたが、あっという間でした。(平成16年10月)


    コンペ開催者の方よりご連絡がありました。
    決定にいたるまでに次の方々にご質問、ご相談されていろいろと検討されていたそうです。

    STYLE SOURCE 松島弘泰一級建築士事務所
    Page   1     2   3

     (有)村口設計
    Page  1     2   3   4   5   6

     ティー設計室一級建築士事務所
    Page     1     2   3   4   5   6

    建築デザイン組織スワーブ
    Page  1     2   3   4   5    6    7    8    9



    その結果、建築デザイン組織スワーブ様に今後の設計相談をされることにされたそうです。

    開催者の方よりお聞きしました

    今回、私どもの計画に際し多くのご提案をいただいたことに大変感謝しております。
    そもそも土地購入以来、家を建てる相談に有名無名を問わずほとんどのハウスメーカーさんや多くの工務店さんを訪ね歩きましたが、どこに行っても「無理だ・・。」もしくは、「数百万円で土地を平らに造成する必要が・・・」といった回答しか得られず、悶々として斜面地をうかつに買ってしまった自分達を責めて、本当に悩んでいました。
     敷地の悪条件をうまく利用して、そこにしかない設計を限られた予算で建てた事例が、雑誌や写真集には掲載されているのを目にしますが、そういった才能をお持ちの建築家の方と知り合う機会も無く、そういったケースにあこがれていました。こんな厳しい条件ではやはり家を建てるのは無理なのか・・となかばあきらめかけていたのですが、最後の望みをコンペ案に賭けていました。
     応募案が届いている旨を連絡いただき、受取りにお伺いしたときに私たちの予想を越えた多くの案が寄せられていて、しかもその内容はどれも素晴らしいものばかりで、本当に感激しました。こんな厳しい条件でもここまで優れた設計デザインが可能なのか、とつくづく感心し、もっと多くの人が住宅の設計相談を建築家の方々にするべきだ、とも思いました。
    この経験を通じて設計とは、短いことばの条件を咀嚼し敷地を解釈し、立体や平面に創造するたいへんなお仕事だと感じました。ご応募下さった建築家の皆様に心よりお礼を申し上げます。

 



 


応募された方の応募作品を掲載いたします。(順不同・敬称略)
事務所名は建築データベースにリンクしています。
 


一級建築士事務所 UGU ARCHITECTS/
ユー・ジー・ユー・アーキテクツ

Page     1     2   3   4   5
開催者の方より:
私たちが気に入った案のひとつでした。階段兼擁壁の北東部は8m高あり隣家の様子からかなり造成費用がかかると思いました。居住性の良い設計だなあと感じました。


STYLE SOURCE 松島弘泰一級建築士事務所
Page   
1     2   3
開催者の方より:
設計は敷地条件の難しさに建てる者の意向を調整された、独創的なプランだと思います。質問のご回答なども融通が利く内容だと思いましたが、コストに対して不安が残りました。階段は自然で非常に気に入っています。


奥田設計
Page  1     2   3   4   5   6
開催者の方より:
工事費に対して一番明解な印象でした。段差にまたがった配置の基礎処理に多少心配でした。階段はゆるやかで優しい設計で気にいっています。


(有)村口設計
Page  1     2   3   4   5   6
開催者の方より:
質問に回答いただき、適宜対応していただける感触を得ましたが、当方は予算が少ない事実認知はしているので、苦しい精神状態に陥りそうな予感。鉄骨階段が現実的で気に入っています。


望月竜弘建築設計工房
Page  1     2   3   4
開催者の方より:
基本構想でここまで具体的に概算計画を出していただき感謝します。南側のの太陽は望めそうもないので、西日利用を考慮していただけたらと思いました。


ティー設計室一級建築士事務所
Page     1     2   3   4   5   6
開催者の方より:
東屋、エントランスバルコニーのゆとり設計は、階段素材、工事概算を回答していただき、予算の制約が今回厳し過ぎたことは理解しています。誠意ある積算に感謝いたします。


建築デザイン組織スワーブ
Page  1     2   3   4   5    6    7    8    9
開催者の方より:
理想が実現できるかこれに挑戦します。建築家の方の力量に負う所の多い建物です。天候に恵まれ、人的縁に恵まれることを切に願っています。


モス建築設計事務所
Page  1     2   3   4   5
開催者の方より:
美術館のような外観には憧れます。比例するふたつの難点(地理的と予算的)にどのような妙案がいただけるか、楽しみでした。予算超過が心配でした。


秀建築設計
Page  1     2   3   4   5   6   7
開催者の方より:
居住者に優しい階段設計が崖地処理のコストで相殺され予算超過と思われます。最上階の利用方法のご提案もほしかったです。


竹中宏之
Page  1     2   3   4   5   6
開催者の方より:
斬新だと思います。吹き抜けの意図はっきりしていますが、私たちの場合は、住むのに勇気を必要としそうでした。また、道路面からのアプローチがどうなるのかもあります。


潟pトス建築設計室/田代輝久
Page  1     2   3
開催者の方より:
敷地に極めて自然な階段設計でしたね。今回選択できませんでしたが、今後のご活躍を期待いたします。


一級建築士事務所ARNO(アルノ)
Page  1     2   3   4   5   6   7   8
開催者の方より:
中間にブリッジバルコニーを配した設計は面白いと思います。道路から玄関までのアプローチがどうなるでしょうか、工事概算がやはり心配でした。


アトリエ環境システム
Page  1     2   3
開催者の方より:
鳥小屋のようにかわいい設計で、方角設定は自在という面白みがあります。道路から中段への階段擁壁に予算をとられてしまう予感がしました。山荘風なのは、隣家と似てしまうかな、と思いました。


Bee Studio Architect Associates
Page  1     2   3   4   5
開催者の方より:
崖部分に本体を位置させる発想は意外で、RC構造は安全だろうと推測できましたが、都市型狭小住宅という感じでした、縦横両方向に対して当方の居住感覚を超えた設計提示でした。


内藤設計一級建築士事務所
Page  1     2   3   4
開催者の方より:
敷地分析、設計主旨、水下の解析もすべて納得しました。概算も提示していただき実現性はかなり高いということです。階段の設計方針にも共感はします。


金澤設計工房
Page  1     2   3   4   5
開催者の方より:
キャットワークと階段に囲まれた空間は敷地中央に空間を切り取ったようで余裕を感じます。しかし、造成は当予算では無理と判断しました。


自由設計一級建築士事務所
Page  1     2   3   4
開催者の方より:
唯一の全RC構造でなるほど崖地での安心感はありました。岩盤内に住むようで設備とメンテのコストが高くつきそうです。次世代が増築できる可能性のあるプランと思いました。


匿名A
Page   1     2   3   4   5
開催者の方より:
崖地に家を建てる場合の基本を整理していただき、建てる難しさを再認識しました。与条件の解釈にずれがあるように思いました。

 
匿名B
Page  1     2   3   4
開催者の方より:
斜面に合わせた形が面白いです。今回比例する二つの(崖地であり予算が少ないこと)与条件にバランスを施さなければならず、造成が多くでちょっと不安でした。


匿名C
Page  1     2   3   4
開催者の方より:
構想に合理性のあるプロの仕事と理解しました。今回は立体を交差させた構想が多かったですが、このようなタイプの提案は、諸条件の変化への適応性を感じます。



 


質疑応答
 


    ご質問   1.現在敷地へのアプローチに使われているパイプ階段は、隣地にまたがって設けられているようですが、引き続き同じ位置に階段を新設してもよいのでしょうか。
    もしくは、あくまで当該敷地内に新設することになるのでしょうか。(通常は後者になると思いますが。)

      回答   最新写真(2003年12月30日撮影)をupしていただいたので、東西側隣地との境界にエン管柵を新設したのがわかると思います。敷地調査実測にもとづいて、新たに仮設階段を潅木伐採と同時に設置してもらいました。10日に一回ほど出向いて、庭の手入れをしながら、土地の日当たり具合、設計のイメージを膨らませています。
      ご意見の通り、当該敷地内にお願いしたいと思います。


    ご質問   お施主様の趣味について簡単にお聞かせ願えますでしょうか。 (例:読書、陶芸、DVD鑑賞、テニス、登山)
     

      回答   囲碁、草花の手入れ、歴史書の読書、internet surfingです。


    ご質問   敷地は、大磯とありますが海に近い塩害地域(3Km以内)かどうかを教えて下さ い。
     

      回答   3Km以内(徒歩10分)ですが、山側頂上付近北斜面なので、ご近所を見ても塩害はないように思います。専門的にはわかりません。(1月20日)


    ご質問   敷地の南高台部分は海を望めるなど眺望が美しい場所でもあるのでしょうか
     

      回答   南高台のわずか15uの場所に150m〜174mの我々が立っては海が望めません。しかし、潮騒は聞こえます。南側は南斜面となっていてマンション建設の認可済まだ工事は始まっていません。7〜8m高の木が茂っています。東側隣家の方は木間から海が望めると言っています。


    ご質問   住宅からの眺望を最も優先させたい方角はどちらになりますか。
     

      回答   やはり西南方向です。


    ご質問   写真では、北側の(道路反対側)の様子が分かりにくいですが、北側にも緑地が 広がっているように思えます。どのような状態か教えて下さい。土地の形状から北側にも積極的な開口を設けてみるのも広がりを生む一つのシンプルな解答方法かとは思いますが如何でしょうか。

      回答   最新の写真(2003年12月30日撮影)をご覧になると道路との関係がわかると思います。敷地北は5〜6m幅の崖地となっています。新設の架設階段を上がりきったところに平坦地がすこしあります。


    ご質問   なるべく土地をいじらない様に利用した計画としたいと思いますが、それでも
    最 低限(車庫を設けるなど)の造成が必要となるかと思われます。現在提示頂いている予算には、そうした造成に掛かる費用を含まれていると考えるべきなのかを教えて下さい。

      回答   誠に申し訳ないのですが、そうなのです。北側入り口に車庫を設けるとしても、土留め兼用の鉄骨階段下に利用するなど、かなり機能を兼用してローコスト住宅にしなければ住めないと、素人としても感じています。



 


敷地追加写真
 



 


募集内容
 

現在の状況


    敷地調査や、潅木整理をはじめたいのですが、どこへ頼んでよいかわからなかったので、まずハウスメーカー○○工務店の営業が勧めるので相談しましたが、カタログの家はどうもピンとこないものばかりでした。
    また、斜面を生かした設計ではなくて、「強引に造成して土地を平らにしないと建てられない。」といわれてしまいました。その場合の造成費用は目玉が飛び出るほどの金額でした。
    なんとか土地の形状をデザイン的に生かしたシンプルな建物ができないでしょうか?
    予算の制限もありますので、建築家の方のデザインで良質の設計をしていただき、監理もお願いして良質の工務店になんとか出会いたいものです。
     

居住家族

    夫55歳、妻52歳、長女24歳の三名

駐車場の有無

    必要、予算内で可能なら2台分と思いましたが、その後土地形状を鑑みて、無理でしたら我慢することにしました。

要望


    斜面、高低差最大7mはあり、南面も傾斜(石柵にて境界)、90坪敷地内で約半分の平坦な部分がある。なるべく土をいじらずに地形を利用して安全な建物を建てたいです。
    必要な部屋は、キッチン、リビング、風呂、便所、寝室です。建築家の方の作品集などを拝見しているとよくみかけますが、工夫したワンルーム的なプランニングでもかまいません。
    それに加えて、ロフト的な造り方で娘の部屋がとれればいいと思っています。
    敷地の一番高いところを生かして、太陽をいっぱい浴びれる家ができるといいなと思います。
    老後の生活を考えた設計にしていただければありがたいです。
    また、ベランダで食事ができるようにしたい。(無理かもしれませんが、)

希望条件

    1.内は明るく、バランスの取れた小さくても端整な外観。
    2.外人の大きな人が来ても大丈夫な家。

入居時期

     平成15年度中に入居が希望です。

予算


    1500万円30坪の設計料別と考えていましたが、トータル予算1800万円に全てが収まればそれでいいです。坪数も20坪〜30坪の間で、プランやデザインで住まい方が解決できるならお任せします。 



 


敷地概要
 

敷地場所

     神奈川県大磯

法的条件


    都市計画区域  市街化区域
    用途地域     第1種低層住居専用地域
    高度地区     指定無し
    北側斜線     5m+1.25/1
    防火地域     指定なし、法22・23条
    道路斜線     1.25/1
    建蔽率       50%
    容積率       100%
    絶対高さ      10m
    壁面後退     無し
    全面道路     町道 4m
    崖・法面      擁壁計画(要相談)
    公営水道      有り(県)、既存引き込み無し
    排水         汚水---浄化槽
                浄化槽排水----側溝
                雨水----側溝
                排水同意----必要、都市整備課と協議
    ガス         LPG、単独
    電気        付近電柱有り
     



 


敷地写真
 


    ▲道路から2〜3m高くなった敷地に入って、
    隣家A地の方を撮った(午後3時)
    庭の部分が当方の敷地



 


敷地図
分筆公図、区画割図、求積表)



 

Webコンペ事務局よりひとこと

    ・締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、不明な点は、メール  または Fax: 03−5411−2482  で質問してください。
    ・コンペの参加費は無料です。



 

 back

 
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com