compe-web.com

応募要項

 

No.042

    東京都練馬区新築住宅設計コンペ

    コンペのジャンル:新築住宅の設計デザイン
    応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部など

    締め切り:02年9月9日に締め切られました。
          ご応募ありがとうございました。



 


建物が竣工されました。
 


    建て主のH様より昨年の夏に無事竣工の連絡をいただいておりました。
    建て主のH様より
    秀建築事務所西脇様にも辰栄建設田中様にも大変お世話になりました。

    秀建築設計
    様より、完成写真を掲載いたします。

    すり鉢状の旗状敷地という敷地の特性を活かすことで、落ち着きのある明るい家になっています。特にアプローチの部分が幅広くゆるく段々をとってあり、真中に敷かれたタイルの効果もあって、照明が当たると実にリッチな空間になっておりコストも抑えながらも豊かな空間がつくられていると思います。(建築Web)



    ▲南側敷地の上から建物を見る
     



 ▲旗状敷地の形状を活かしてつくられたアプローチ。照明の演出が美しい
 


 ▲廊下に落ちる光
 


 ▲リビングの様子、木の質感を活かして
 



 


経過報告
 


◆開催者です。最終結果&各プランの感想をご報告させていただきます。
それぞれの設計者の方とお話させていただき家族で検討させて頂いた結果、候補として残させていただいた5社様の中から、「秀建築設計」様にお願いすることに決定いたしました。

  秀建築設計  1   2   3   4   5

どのプランも甲乙付けがたい素晴らしいプランで、中でも最後まで私たちが悩みに悩んだのは「VuA」様のプランでした。皆様ありがとうございました。


◆開催者の方は候補の5社に絞られて、面談、ご相談されています。

 私どもの開催させて頂きましたコンペに、多数ご参加頂きまして誠にありがとうございました。

まさか13社もの事務所からご応募頂くことになるとは思ってもおらず、感謝の念に絶えません。どのプランも、私たちの要望や建設予定地の特殊状況などを考慮して頂いており、絞り込むのに非常に苦労致しました。 掲載させていただいた要望にもある通り、今回の建設予定地は2方を擁壁と石垣が、その他2方にはギリギリまで隣家が迫っております。皆様には、この一種窪地的・すり鉢的地形の中で、採光や風通し等、最大限考慮頂いていると思います。しかしながら、この地形ゆえに私たちがこだわったもののひとつに「屋上」がございます。
これは「庭がないから」ということではなく、通常の2階のベランダが南と東の家の1階水平面の高さにしかならないことに由来します。またそれだけでなく、「屋上」のある家に非常に憧れを持っていたとも言えるかもしれません。そういった外部との関係を特に気にしながら家族で検討しました。

で検討させて頂いた結果、比較的大胆なプランと堅実なプランの両方から候補を選び、5社様に絞らせて頂きました。候補に残させて頂いたのは次ぎの方々です。

VuA  1   2   3   4   5   6   7   8

秀建築設計  1   2   3   4   5

建築設計工房  1    2    3    4    5

TMデザイン一級建築士事務所  1   2   3   4   5

アトリエ環境システム  1   2   3   4   5

ご応募いただいたプランは全て力作揃いだったのですが、候補とさせて頂きました5社様以外に関しまして、今回はご縁がなかったと思っております。申し訳ございません。

WEB上でコンペが開催できると知るまでは、「家を建てること」=「ハウスメーカーか工務店に頼むこと」と思っていた私たちですが、今回コンペを開催させて頂き、非常に夢が広がり、楽しくも(絞り込むのが)苦しい期間でありました。
元々建築家の方にお願いするなどと言うのは、私たちの予算や敷地規模ではあり得ないと思っていただけに感慨もひとしおです。

皆様お忙しい中、私どものコンペにご参加頂き、本当にありがとうございました。

 



 


応募された方の応募作品を掲載いたします。(順不同・敬称略)
事務所名は建築データベースにリンクしています。
 

虹企画設計一級建築士事務所

Page   1    2    3    4    5

開催者の方より:
要望をきちんと取り入れて頂いた、堅実なプランです。ご提出頂いたプランにも書かれていらっしゃるように、竿状地からそのまま最奥部まで通路を延長する案は面白いと思います。外観イメージが私たちのテイストとちょっと違うこと、屋上に開放感のないことが気になりました。

VuA

Page 1   2   3   4   5   6   7   8

 開催者の方より:
南側全面ウィンドウ、庭を眺めながら入れる南向きの風呂、ラセン階段、広い屋上と、シンプルなフォルムを大胆に使った素敵な家です。ガラスの多用により、とても明るい家になりそうですし、建物の外側と内側の連続性などに対する考え方も非常に面白いです。また、お会いした際もお話がし易く、個人的な趣味の部分でも共通する部分がありました。人生で家を建てることが何度もあるとは思えませんが、もしもまたの機会がありましたら、ぜひご相談させて頂きたい方です。

いけはたアトリエ一級建築士事務所

Page 1   2   3   4   5   6   7   8

 開催者の方より:
土間ホールという提案は非常に面白いです。ここは趣味的な空間としても色々と使えそうな楽しい空間です。ただ、2階の2箇所に分かれたダイニングがあまりピンと来ませんでした。ウッドデッキ部分が完全に当初予算をオーバーしてしまうのもちょっと心配なところです。

秀建築設計

Page 1   2   3   4   5

 開催者の方より:
堅実でいながら、過不足なく私どもの要望を入れ込んでいただいたプランです。アプローチからエントランスにかけての使い方が良いと想いました。最初は「ちょっと地味かな」とも思ったのですが、お会いしてご相談後に、ご提出頂いたプランが非常に気に入り、臨機応変に対応できる方だと感じました。特に自然素材、健康住宅やエコロジー等への考え方に共感したこと、お会いして感じた気さくでご相談し易い方だったことも大きなポイントとなりました。

白滝建築設計室

Page 1    2    3    4    5

 開催者の方より:
建物全体のトーンがまとまったプランだと感じました。階段周りの処理が個性的かつお洒落です。また、3階部の四角い窓の並びが可愛いと思います。収納の少なさと屋上の小ささが気になりました。

A.P.E一級建築士事務所

Page   1    2    3    4    5    6    7    8    9   10   11

 開催者の方より:
直接庭に出ることが出来る寝室・浴室・リビング、壁面映写のできる壁など、魅力的なアイデアが色々ありとても惹かれました。とてもお洒落な感じが伝わってきます。ゆったりとしたスペース取りのためでしょうか、収納が少ないのが気になります。また、屋上に関するご提案も欲しかったです。

建築設計工房

Page   1    2    3    4    5

 開催者の方より:
2階のリビングからテラスへの連続性がともかく気に入り、またテラスからラセン階段で屋上に出ることが出来るのも非常に面白いです。外壁部の2重構造により、外部からの視線をカットするのも、他にはない考え方でした。ただ、私たちの予算では、厳しいかなとも思いました。

Bee Studio Architect Associates

Page   1    2    3    4    5

 開催者の方より:
収納が多く使いやすそうな間取りです。サニタリーを家の中心に持って来たのも面白いと思います。今回のような土地形状でなければ問題ないと思うのですが、2階部分が張り出しているため、1階にはまったく光が入らないような気がします。

ドット エーオー

Page   1    2

 開催者の方より:
家のド真ん中に螺旋階段、それ以外は部屋の間仕切りが全くないという大胆さは流石だと思いました。ただ、私たちの生活(書籍や紙資料が猛烈に多い)では、物があらゆる空間に溢れ出してしまいそうな気がしました。

TMデザイン一級建築士事務所

Page   1   2   3   4   5

 開催者の方より:
私たちの要望に配慮していただいた、女性らしい気配りのあるプランであるだけでなく、土地柄的にも現地に近いこともあり、地域的な状況や事情も把握して頂けているように感じました。お会いしてお話しさせていただいて、趣味や生活スタイルの方向性で多少私たちの方針とはちがう部分があるかなと思いました。

アトリエ環境システム

Page 1   2   3   4   5

 開催者の方より:
唯一、ステップ・フロアタイプのプランをご提出頂きました。間仕切りで仕切るのではなく高さでゾーンを分けるプランは、心惹かれました。ただ、冷暖房効率の悪さが若干引っかかります。打ち合わせのための模型までご用意頂き、構造的にも非常に分かり易いプレゼンテーションでした。予算的に厳しそうな印象を受けました。

匿名N

Page 1   2   3   4   5   6   7   8

 開催者の方より:
仕事空間と居住空間を全く分ける2つの建物、それを繋ぐ中庭が2層になっているのが斬新で、また庭に直接出ることが出来る浴室も魅力的です。ただ、全方向ガラス張りが魅力である反面、今回の土地には向いていないようにも思いました。

匿名F

Page 1    2    3   4

開催者の方より:
竿状部分に大きく迫り出した玄関、その真上に書庫というプランは、土地形状を活かした有効なアイデアだと思いました。玄関の天井がスノコ状で光が入ると言うのも面白いです。ルーフデッキに梯子で登るのは、今現在は何も問題ありませんが、10年、15年経つと段々と辛くなってくる気がしました。



 


募集内容
 

補足説明


    希望内容欄に「・間取りは、キッチン、バス、トイレ、リビング、寝室(各1)と、2つの仕事部屋」と載せて頂いております。
    これは「キッチンもバスもトイレもリビングも寝室も全て“各1部屋”で、仕事部屋のみ2部屋」と言うつもりだったのですが、
    見方によっては「寝室が夫婦2人、各1部屋で、合計2部屋」と言う意味にも取れるのではないかと。
    ですから、大変申し訳ないのですが、
    ・間取りは、仕事部屋のみ2部屋、その他キッチン、リビング、寝室、バス、トイレは全て1部屋とお考えください。(8月25日追加)
     

募集内容


    8月末日に練馬区内に旗竿状の土地を取得する予定です。
    現在古家が建って居るこの土地に、延床約30坪の家を建てることを希望しております。 
     

希望内容


    ・居住者は妻(37歳)と私(38歳)の2人で、子供は居ません。

    ・妻は在宅で文筆業を、私はTVゲーム関係の仕事をしております

    ・私は会社員ですが、自宅に仕事を持ち帰ることも多いので、どちらも家できちんと仕事をするスペースが欲しい。

    ・仕事の関係上、家庭内でのLANやコンピュータの使用、映像機器の使用が多い。


    ●住宅への希望は以下の通りです。

    ・できるだけローコストで建てたい(土地取得も同時なので、少しでも安く……)

    ・間取りは、キッチン、バス、トイレ、リビング、寝室(各1)と、2つの仕事部屋

    ・東と南が高くなっているため、できるだけ北側に寄せた家にして、少しでも庭のスペースを取りたい。

    ・南側と東側の家が高い位置にあるため、屋上が欲しい

    ・また、屋上には目隠しを付けたい

    ・1Fのリビングから、庭に出られるようにしたい。(現居住者は松や石灯籠などで日本庭園風にしています)

    ・仕事の関係で、ともかく紙資料(書籍類等)が多いので、壁面に収納量の多い作 り付けの本棚が欲しい。

    ・自家用車は今後も所有する予定がないので、駐車スペースは不要です。

    ・内装は構造材剥き出しでも構いません。

    ・建物の形状はシンプルでかまいません。
     

    ●追加要望

    ・リビングは1Fでも2Fでも構いません。

    ・友達が集まった時に、楽しい雰囲気のリビングダイニングだと嬉しいです。

    ・1Fのどこかの部屋から直接庭に出られるようにしたいです

    ・素材感を活かした家が希望です。

    ・現在の庭の植木で活かせるものはできるだけ活かしたいです。

    ・明るい家になればいいなぁと思っています。

    予算から考えると、相当ムリな希望であるのはわかっておりますが、どうにかなりますでしょうか?
    どうぞよろしくお願いいたします。
     

予算

     
    予算は本体価格から最低限必要な外構工事(本当に最低限で構いません。植樹も塀 も不要です)、設計管理費、解体費まで一切合財込みで1800万円です。
     

入居時期

     



 


敷地概要
 

敷地場所

    東京都練馬区

敷地について


    添付した建物平面図を見ていただくと、南東部に6.61m2の小さな飛び出した部分があるのですが、ここは実際的には敷地として使えるような場所ではありません。

    ・北5m道路に、長さ約9m、幅2.75mの竿状地で接する
    ・東京電力
    ・公営水道(前面道路公設管100mm、引き込み管・私設管20mm、本地通過)
    ・公共下水(前面道路公設管350mm、本地通過、雨水:公共下水)
    ・都市ガス(前面道路本管50m/m、引き込み管25m/m、本地通過)

     

法的条件


    ・建ペイ率50%、容積率100%、
    ・用途地域:市街化区域、第1種低層住居専用地域
    ・高度地区:第1種高度地区(10mまで)
    ・緑地地区(地下・3階・RCは不可)
    ・準防火地区
    ・日影規制:4h、2.5h
    ・埋蔵文化財保護法:有
     

敷地面積

     ・土地面積:160.72m2(154.11m2+6.61m2)

現在の状況


    ・東側に石垣があり、南側に擁壁があります。それぞれ、現在建っている古家の1階屋根程度の高さがあります。
    ・北と西には2階建ての民家が隣接しています。
    ・北側5m道路を挟んでその向こう側に川が、さらにその脇を電車が走っております。
    ・現在建っている古家は1Fが54.98m2、2Fが29.74m2の延べ84.72m2です。
     



 


敷地図
 



 


現地写真
 

 
以下3点は、この敷地の最大のネックである南側の擁壁を撮ったパノラマ写真です。

 



 ▲「1F東寄からの庭」
 



▲「2Fベランダからの庭」
現在建っている古家のベランダから撮影しています。
 



 ▲「1F西寄からの庭」
(写り込んでしまった人物には、効果をかけてボカしてあります)
 



▲「南東飛び出し部分」
  敷地南東部にある飛び出した部分をベランダより撮影。
  階段状になっていますが、どこに繋がっている訳でもありません。
 


 ▲「正面北から南に向かって」
  北側道路から玄関方面に向かっての写真。旗竿状の敷地延長部分。
 


 ▲「北側道路」
  北側の公道です。
  白い家の手前に門柱だけ見えているのが入り口部分です。
  写真のガードレールの左側(北側)に桜並木と草むらが約2〜3mほどあり、
その北側に川、さらにその北側に電車の線路が通っています。
 



 

Webコンペ事務局よりひとこと

    締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、不明な点は、メール  または Fax: 03−5411−2482  で質問してください。
    コンペの参加費は無料です。



 

 back

 
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com