compe-web.com

応募要項

 

 No.028

    千葉県千葉市の新築住宅設計コンペ

応募締め切り

    コンペのジャンル:新築住宅の設計デザイン
    応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部など

    締め切り:3月18日に締め切られました。
         ご応募ありがとうございました。



 


建物が竣工されました。
 


    開催者の方より、完成後の写真を
    お送りいただきました。

    完成後の様子

    裏庭は、未完成ですが、家族共々楽しみ
    ながら、手作りの庭造りに取り組んでます。芝生も伸びて、いろんな花々が四季折々に
    咲く家になりました。
    オンリーワンもモットーに楽しんでいます。
    その後も、秋元先生には、いろいろと相
    談に乗っていただいてます。

     


▲庭の花が咲きました



 


建物が竣工されました。
 

千葉W邸設計コンセプト
コメント
 (株)建築設計工房



 ▲外観写真集

 



 ▲内部写真集1
 



  ▲内部写真集2
 



  ▲内部写真集3
 



  ▲内部写真集4
 


    昨年より工事されていた千葉のWさんの住宅が、無事完成し設計者の
    (株)建築設計工房 秋元様より完成写真をお送りいただきました。


    傾斜した敷地を無理やり造成するのではなく、思いきって生かしていこうというアイデアが、結果として南側平屋、北側2階建てという、元々の敷地を生かした素晴らしいデザインになっています。
    厳しいコストを感じさせないくらい完成度の高い内部空間は、大屋根の構造材の連続が美しく、家の原型を彷彿とさせてくれます。
    屋根の棟木にあたる部分がトップライトになっていて、そこがこの住宅空間のシンボルとして「光る竜骨」とでも呼べるような、まさに1本筋の通ったデザインになっています。
    また、南向きの部屋が東西へ連続して家族の絆を深めていると思います。
    半地下の部屋は、実際は斜面から覗いていることで明るく、コンクリート打ち放しの空間が、若者的なクールなインテリアに似合っています。
    小規模の住宅空間でありながらがも無駄を省いて連続させた空間構成と、それぞれ性格の違うシーンが、建築の骨組みを通じて一体化する。そのことが実際の規模以上の空間の大きさを感じさせてくれる家となっています。
                                     (建築Web 編集部)
     



 


結果発表
 



    最終的に今回(株)建築設計工房様のご提案をお選びになりました。

    最終候補2作品の方々の斜面利用の場合の検討案をご覧になって決定されました。

    開催者の方より
    どちらのご提案も素晴らしく、どちらの家の空間も楽しそうで非常に迷いました。息子たちの意見も割れ、私たち夫婦の間でも意見が分かれて、何度か話し合ったり悩んだり、苦渋の?嬉しい決断ができました。

    齋藤豊様の斜面をダイナミックに内部空間に取り入れて建物の中で段差が吹き抜けているという提案は、非常に素晴らしく、私たちがもう少し若ければ文句無しだったと思います。(上の息子はこちらが相当気に入っていた様子でした・・)

    最終的に建築計画工房・秋元様のご提案に決めたのは、当初思っていた屋根と天井デザインへの配慮と、下の階と上の階の関係、傾斜天井の梁のデザインと吹き抜け感、そして厳しい工事予算に対するご意見と対応に関するご提案によりました。

    今回、私たちの計画に多くの素晴らしいご提案をいただきまして本当にありがとうございました。また実際にお会いした方々には、わざわざ私どものところまでご足労いただき本当にありがとうございました。
    家族とも充分相談した結果ですが、決定まで再提案をお願いするなど、わがままを申し上げましたが気持ち良くご対応いただき、本当にありがたかったです。このページをご覧の建て主候補さんたちにはもし、条件が合うなら是非今回の家の設計案とこれらを考えられた建築家の方をオススメします。

    ご応募いただき心より感謝いたしております。

    ------------------------------------------
    とり急ぎご報告させていただきます。今回ご応募いただいた皆様ありがとうございました。
    今後ともWebコンペをよろしくお願いいたします。

    (株)建築設計工房

    Page   1   2   3   4   5  
     
    Page   1   2   3   4   5   6  7  8  9  10 
     


     面談後、各設計者の方より現在まだ敷地造成をおこなってないのであれば、現状敷地形状を生かして建物をつくられた方が良いのではないか・・というお話しがあり造成をおこなっている開発会社との相談で敷地形状を活かす方向でお打ち合わせが進み、前回の面談後、依頼を検討されている齋藤豊一級建築士事務所  (株)建築設計工房 2社に斜面状の設計案をご依頼され検討し、最終決定することになりました。

    斜面地による計画案は以下です。


次の候補3作品をお選びになったというご連絡があり、先日ご面談されました。(順不同・敬称略)実際にお会いになってそれぞれのご提案の主旨や設計の考え方をお聞きになりました。

開催者の方より  
ご提案の内容はどれもそれぞれ魅力的で非常に迷っています。予算的に非常に厳しいことも理解できました。理想の住まいを実現するための手法など、お教えいただいたことも考慮して検討しています。


▲面談中


 ▲敷地にて

    開催者の方より:
    応募案を受け取りました。
    どれも素晴らしいものばかりで、この中から一つを選ぶのは、とても贅沢な事だと思い、感激しています。
    やはり、ハウスメーカーでなく、建築家にお願いして、正解だったと心より、感謝いたしております。ありがとうございました。
    開催者の方より
    各応募案の感想をお寄せいただきましたので下記掲載させていただきました。現在候補の方をお選びになり面談などをするかどうかを含めご家族でいろいろとご相談されているご様子です。



 


応募された方の中から応募作品を掲載いたします。(順不同・敬称略)
事務所名は建築データベースにリンクしています。
 


(株)建築設計工房
Page   
1   2   3   4   5   6  7  8  9  10 
開催者の方より:
1階のリビングの雰囲気が3DCGで、私達にはとてもわかりやすくまた、素晴らしいものと思いました。水回りの動線、妻の主寝室も私達の要望を発展してくれていて、感心しました。
2階の個室は、暗くなりはしないのかなと、思いました。


齋藤豊一級建築士事務所
Page   
1   2   3   4   5   6   7   8   9  10
開催者の方より:
ライトコートが、広々とした開口部のリビングなど、私達の発想以上のもので驚きました。住んでいて、とても楽しそうな家だと思います。ただ、病弱な妻の主寝室が、はなれになっているのは、生活上不安です。

信建築事務所
Page   
1   2   3
開催者の方より:
私達の要望通りに、家全体の間取りをしてあって、嬉しく思いました。
外観は、少し一般的すぎるのではと、思いました。

(有)連建築+造園設計研究室
Page   
1   2   3
 開催者の方より:
水回りの動線が、一直線で動きやすそうですね。ただ、部屋の構造やつながりなどが私達の想定するものとは、少し離れたかなと、思いました。

丸山和男+(有)無相建築工房
Page   
1   2   3   4
開催者の方より:
 アトリウムや水回りの動線、各部屋の配置など、生活しやすそうな家だと思いました。私達の要望を取り入れていて、うれしく感じました。

匿名A
  Page   
1   2   3   4
開催者の方より:
トップライトの考えや、デザインのお洒落さ、それに豪華な仕様が、私達はとても気に入りました。妻が病弱なので浴室等は1階に、水回りは、一続きの動線にして欲しいです。



 


質問応答
 


    ご質問   1.ご希望の中で、リビング20帖とありますがLDK20帖と考えて宜しいでしょうか。
    2.2階の個室について。大きな2室は息子さんの個室と考えるのでしょうか。4畳半の用途は?
    3.下記、(光の入る空間のイメージ)の回答の中で、 奥様の寝室とありますが、ご主人と別々の寝室が必要でしょうか。
     

      回答  1. 20畳とありますが、LDKを含んで20畳と考えてもいいですし、そうでなくても構わないですし、建築家のみなさまの発想にお任せします。

      2. 2階の二つの大きな部屋は、息子の部屋と考えてください。
         4畳半の部屋は、当面は主人の寝るだけの部屋で、将来的には納戸などに使いたいと思っています。

      3. 当面は、妻の寝室と主人の寝室は別となりますが、老後には妻の寝室に主人もともに、寝たりその部屋で老人となった二人が、暮らすようにしたいと考えています。

      以上よりもいい発想がありましたら、遠慮なくご提案してください。
       


    ご質問 
    1.敷地の範囲についてピンクのところとミドリのところの意味を教えてください。
    2.敷地画像はあるのですが、敷地の範囲が理解できません。どこまでの領域か、明確にご指示下さい。
    3.敷地境界と敷地面積が明確でないと思われるのですが、計画建物に合わせて敷地境界を決めるということでしょうか?
    3.敷地図2のB−6と考えてよいでしょうか。敷地図1ではB−5とB−6にまたがった敷地に見えるのですが。
    4.斜面を生かして設計してもいいのでしょうか?

     

      回答  擁壁を築き、平らな土地になります。
      ピンクの部分が擁壁になる範囲です。緑の部分が今は30度の勾配となっていますが、平らに造成されるところです。
      下の絵で赤い枠線で囲まれている部分が、私達の土地です。
      擁壁を含めて70坪です、平らなところが65坪弱です。
      敷地の範囲の極小の寸法ついては、今後の造成などではっきり決まってくると思いますが、そういった面もお願いする設計者の方に相談します。
      現在掲載している2枚の敷地図より面積配分上大体の範囲でご推察ください。B−5とB−6にまたがっていると思います。


       


    ご質問   光の入る空間のイメージはありますか?

      回答  下の写真は、アトリウムのイメージ像です。
      入り口とリビングと妻の寝室に面した、アトリウムが欲しいです。これは、あくまでも参考と考えてください。

       



 


募集内容
 

居住
予定者


    夫55歳・妻50歳・長男27歳・次男24歳・犬一匹(室内犬)

敷地状況


    更地(下記の敷地画像をご覧下さい)
     

要望

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


    1・光が沢山入り、冬は温かく、夏は涼しく。
    2・ハウスメーカーにあるような家ではなく、モダンなここにしかないという家。例えば ↓このような家が理想のイメージです。(プールはいりませんが)

    理想の家のイメージ
    ▲理想の家のイメージ

    3・立派な屋根ではなく、ハイカラな屋根。
    4・駐車場のスペースは、車2台分と、バイク1台分、自転車1台分が入るスペースが、欲しいです。
    5・二階建て、和室不要、建坪35〜38(敷地65〜70坪)
    6・メンテナンスが不要な老人対応で。
    7・主寝室一階でその中に小さな応接スペースがほしい。
     

間取り

 

 

 

 

 


    基本的には上記の要望で建築家の方の自由な発想に期待しますが、私どもで考えていることは、こんな感じですので参考になさってください。

    ・大きな開口部
    ・リビングを20畳で吹抜け
    ・各部屋に収納をたっぷり
    ・2階は、個室が3室(2室は大きく一室は4畳半ほど)
    ・キッチンから水周が一繋がり
    ・リビング内に階段を設置
    ・玄関からリビングまでの廊下は不要
    ・庭全体がウッドテラス
    ・天井は梁が見えるようなもの
     

予算

     
    1500万〜1700万円(設計料込)
     



 


敷地概要
 

敷地場所


    千葉県千葉市
     

敷地面積

     
    敷地図をご参照ください

法的条件


    用途地域 第1種低層住居専用地域
    容積・ケンペイ率 50の100
    防火地域指定  無し
    高度地区  無し
    壁面後退 無し
     

特別な事情


    現在の土地から、代替地として、移行されるものです。
    土地移行の前に建物に合わせた杭打ち等の造成をしてもらえます。
     



 


敷地画像
 


 
▲正面

その他の画像(全9枚)はこちらをクリックしてください
 



 


敷地図
 

 
こちらをクリックしてください。
敷地図1(195K)
敷地図2(64K)

 




 

Webコンペ事務局よりひとこと

    締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、不明な点は、メール  または Fax: 03−5411−2482  で質問してください。
    コンペの参加費は無料です。



 

 back

 

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com