compe-web.com

応募要項

 

 

    目黒区の新築住宅 設計者募集 結果発表

     

コンペのジャンル:住宅一戸建ての設計デザイン
応募対象:建築家設計事務所、建設会社の設計部など
 締め切り:
8月20日に締め切られました。
      ご応募ありがとうございました。

 

  Winner  
設計:柿黄舎一級建築士事務所木村信孝建築事務所

 

 


完成されました。
 


    コンペ開催されて設計者をお選びになった目黒区柿木坂のTさんより家が完成したとの連絡があり、見学してきました。


    旧宅の部材をなるべく使いたい・・とのご要望がうまく実現されて非常にお喜びのご様子です。

    旧宅の素材の良さを改めて感じた。とのご感想、家の雰囲気は天井も高く、現代的に明るくなって日当たりも良い、昼間に電気をつけて生活することも無いそうです。
    また、古材料をうまく現代的な空間に生かせて良かった。とおっしゃっていました。これから新築をお考えの方で昔の家の造りが気に入っている方のご参考になれば・・とのことです。
     



 

 


 ▲外観


 ▲居間に旧宅の大黒柱が使われています


 ▲玄関の下駄箱・框は旧宅のケヤキ材


 ▲昔の障子は芸が細かいですね


 ▲トップライト脇の欄間


 ▲旧宅の和室をそのまま再現


 ▲古材に合わせたタモの格子戸


 ▲鴨居の高さの調整部分


 ▲旧宅の飾り格子が活かされています


▲玄関扉上の二重菱格子



 


結果発表
 


    今回のコンペでは、これまでの実績を重視したいというコンペ開催者の方のご意向により、プロフィールなどの書類と直接ご連絡をお取りになり、電話面談、直接面談により決められたということです。


    ご応募下さった建築専門家の皆様に開催者の方は非常に感謝されていました。

    尚、解体工事が9月後半より始まるということです。
     

 


 



今回の募集はお急ぎということで設計案の募集ではなく、以下のご希望で建築家の方を募集します。応募希望の方はNo.19応募希望と明記してプロフィールなどをお送りください。

 


募集内容
 

応募内容


    以下のような要望にお応えいただける建築家の方
    1.自然素材の活用ができる
    2.建物の寿命を100年以上で考えてほしい
    3.通り一遍の対応ではなく研究熱心な方
    4.家相にも理解のあること
    5.高品質な素材などをご紹介くださる方
    以上の実績やお仕事のご経験をお持ちの方
     

竣工時期

 


    来年の夏ですが、解体を9月に行うため8月中に依頼先を決めたいです。

要 望

 

 


    1.現存する戦前の家の部材をできるだけ再利用したいので
      解体する前に建具などいっしょに選んでほしい
    2.こじんまりした家
    3.廊下、台所、風呂、トイレはゆったりと
    4.開放的な家
    5.畳の部屋を多く
    6.縁の下のある家
    7.日本的な雰囲気を持っている家
    8.シックハウスにならないように
     

予 算

     
    トータル3000万円(設計料も含む)
     

 


 


敷地概要
 

敷地場所


    東京都目黒区

    第1種低層住居専用地域

    第1種文教地区

    第1種高度地区

    建蔽率 50%

    容積率 100%
     

敷地状況


    現状古屋あり、敷地を二分して半分を売却します。
     

敷地面積

     現状150坪 これが75坪になります。

 

 


敷地図
 




  ▲現状の間取り図(赤い線の右を売却します)
 

 

 


敷地写真
 





     

  

  

 ▲現状の再利用したい内装部材など
 

 

 

 


Webコンペ事務局よりひとこと

    締め切りまではコンペ開催の方に質疑応答できますので、不明な点は、メール  または Fax: 03−5411−2482  で質問してください。



 

 

back

 

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved
mail@kentiku-web.com