キッチン
  
 

  システムキッチン  ◆ ラヴィータ   製造・販売:サンウエーブ

 

キッチンの視線部分に窓を大きく取りたい、ワイドでオープンスペース感あふれる対面キッチンにしたい、限られたスペースを有効利用したい、キッチンを含めたLDKの家具に統一感を持たせたい…。

〈ラヴィータ〉システムキッチンの基本は、キッチン部と収納部とのコンビネーション。機能をベースに組み立てるのではなく、収納を含めすべてが「空間」という新しい発想でプランされています。

 

 

 


 

■  特徴

 

 

    ▲シンクロスライドドア(特許申請中)の開閉パターン

    左右のドアを軽く引くと、中央パネルも同時に移動。そして、3枚ドアが1枚に。
    3枚まとめて動かせます。

 

    キッチン部
    使いやすさを追求したら、フロアユニットもウォールユニットもこんなに自由で快適になりました

    収納部
    高さ235cmのスライディングトール。アクティブに使うことを考え抜いて、収納ユニットの常識を一新しました。たっぷり入るだけではありません。「取り出す、しまう」の基本動作をもっとラクに、もっとスマートに

    環境と安全への配慮
    暮らしを支える大切な空間だから、素材や製法、ユニバーサルデザインにもとことんこだわりました

     

     



 

 


 

観音開きがあたりまえだった扉を引き戸式に、あるいは引出し式に…。
食器を立ててみたり、引出しにしまってみたり…。例えばこんなアイデアで、収納スペースの発想を大胆に再構築。
これまでと同じスペースでも、収納マジック効果で収納力も使いごこちも大きくアップしました。

 

▲スライディングトール

収納スペースにも空間発想を取り入れたら、キャビネットの収納イメージが広がりました。たとえばお皿を立てて、たとえば食器を引き出しに…
 

 

 

 


 

 


 

▲スライディングウォール

よく使うものは開けたままで目の高さから…。このオープン棚感覚は、アイレベル収納をしのぐ使いごこち。
ウォールユニット内の水切棚もいきてきます。

 

▲引出しは、奥行きいっぱいまで引き出せるフルエクステンション。

シンク下も、引き出す収納を2段にしました。ケコミ部分も収納スペース。デッドスペースをいかすことで収納量が拡大しました。

 

 

 


 

 

 

▲引き戸開閉のシンクロスライドドアは、開けたドアが通路や作業のじゃまになりません。
スライディングトールもウォールユニットも、オープン棚感覚でアクティブに使えます。

 

 

 

 

 


スライディングトールの特長

    スライディングトールの1ユニットは、2つのキャビネットの組み合わせでできています。5タイプから、お好きな2タイプを組み合わせてどうぞ

     

棚板タイプ

棚板タイプ

6枚の棚板が可動式。しまう物に合わせて高さを変えることができます。

 

引出しタイプ

引き出しタイプ

奥行きも高さもムダなく利用。しまいやすくて、取り出しやすい。食器収納の新発想です。

 

 

 

カップボードタイプ

カップボードタイプ

お皿を立てて収納する。見た目にも美しく、使いごこちも納得です。カトラリースタンド付。

 

パントリータイプ

バントリータイプ

ちょうど使いやすい高さに左右に動くスライドラックを。食品ストックの強い味方です。
※間口:180・165cmのみ

 

 

 

家事デスクタイプ

家事デスクタイプ

ドアの中に家事デスクをセット。仕事をやりかけたままでも、ドアを閉めればすっきり空間。
※間口:180・165cmのみ
 

 

 

 


 

 

暮らしを支える大切な空間だから、素材や製法、ユニバーサルデザインにもとことんこだわりました。
資源循環型社会に向けた取り組み。健康への配慮。機能性へのこだわり。


    シックハウス症候群を防ぐ  ホルムアルデヒド対策
    キャビネットからのホルムアルデヒド放出量は、日本工業規格および日本農林栽培基準のE1・F1レベル。厚生省の基準もクリアした素材を採用しました。

    人と環境にやさしい   素材へのこだわり
    すぐれた加工性から扉に使われることの多い塩化ビニルは、燃やすと猛毒のダイオキシンが発生します。〈ラヴィータ〉は、塩化ビニルを一切使用していません。

    リデュースという考え方   端材を出さない製法
    資源循環型社会を進める手始めは、廃棄物を出さないこと。たとえば、人造大理石トップには注型製法を採用。シンクやコンロの抜き穴加工による端材を出さない製法です。

    リサイクルの推進   再資源化素材の使用
    102・104シリーズの取手などには、端材の木粉からつくられたテクニカルウッドを採用。限りある資源を大切に使う発想です。

    シンクロスライドドアは  10万回のテストをクリア
    ライフサイクルの長さは、資源の浪費防止につながります。シンクロスライドドアは10万回の開閉テストをクリア。耐久性を徹底的にチェックしています。

    ホコリもストップ   安全配慮のガラス扉
    シンクロスライドドアのガラス扉は強化ガラス。裏面には飛散防止のフィルム加工をほどこしました。防塵パッキンで、内側から入るホコリにも配慮しています。

    減菌率99%以上   清潔な抗菌シンク
    シンクにはすべて銅析出型の抗菌ステンレスを採用。減菌率99%以上(社内テスト結果)を実現しました。いつも清潔・安全にお使いになれます。

    どなたにも使いやすく   ユニバーサルデザイン
    握りやすい大型取手、出っ張りのないサポートバー、ニースペースやステアトップのキッチン部など、どなたにもより使いやすい空間づくりをめざしました。

 


 

◆編集部よりひとこと:

    キッチンの収納量はほしいが、なるべく広いスペースを確保したい。キッチンレイアウトは家づくりの悩みの種です。ギリギリまで作業スペースを詰めたはいいけど、食器の出し入れがめんどうでいつも同じ食器を使っているなんてことになりかねません。このラヴィータシリーズは、キャビネットが昔乍らの日本の開閉方法の定番「引き違い扉」でできているため、省スペースでありながら出し入れが楽ちん、この手があったか!の優れものです。


質問はカスタマーサービスまで。

カタログお届けサービス

無料見積もりサービス

サンプルお届けサービス

建築Web会員割引

ご注文!ご注文!

 

back

 

建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved