構造系

 

  既存木造住宅の屋根用高耐久補強リフォーム  
 ◆ 
ルーフグリッド    製作・販売:グループ・ノヴァ

 

地震大国の日本。阪神大震災の被害を語るまでもなく、多くの在来木造住宅は揺れに対する負担とストレス、倒壊の危険にさらされています。
「ルーフグリッド、ベースグリッド」を用いた施工方法は、これまで、手間とコストがかかるといわれてきた補強工事を家屋の靭性(構造物または部材のねばり強さのこと。構造物が弾性範囲を超えて破断する前にエネルギーを吸収する能力)を高めるという点に注目し、よりコンパクトに低予算で施工できるよう開発されたまったく新しい補強工事です。

 

 

    日本の高温多湿な気候に最も適合している在来木造工法の木造住宅。軸組工法とも呼ばれるこの工法は、木材本来のもつ軽く、粘り強い性質をいかして地震などの揺れから家を守ってきました。ところが、住まいの洋風化の流れに伴い、広いスペースや採光を確保するため、本来あるべきはずの耐力壁や柱が次第に減少し、家屋全体の「靭性」が弱くなり、耐震性に問題のある木造住宅が全国的に増えてきた背景があります。

    ◆木材(柱)傷めずに高い靭性性能を住まいに・・・
    地震などの揺れから在来工法住宅を守る方法として、これまでは小屋裏の軸組にかすがいや羽子板ボルトを用いたり、火打梁を施工したりしてきました。これらの問題点は地震の揺れに対して力で抑えようとしていることです。
    地震発生時に柱と柱が揺れの力をロックしてしまい、ボルトや金物を直接打ち込んだ部分に大きな荷重がかかり、柱に割れ(クラック)を発生させるなどで家屋の靭性を減少させ最悪の場合には家の損壊や倒壊を招いてしまいます。

    このルーフグリッドは小屋裏の軸組の仕口部分を「面で包み込むようにホールドする」補強工事ですので、柱を傷めることなく引き抜け防止効果を強化し、柱自体のねじれ、割れに対しても強度を発揮します。
     

従来の木造住宅に使用されている補強金具等は、鉄の羽子板ボルトや釘を直接柱に打ち込んでいるが、RGは柱の仕口部分を補強する為、柱自体のねじれ・割れに対して強度を発揮する

羽子板ボルトの貫通孔を再利用する為、柱の引き抜き防止効果と共に新たに貫通孔を開けない工法により、老朽化した柱に対して柱の劣化を起こさずにすむ。

仕口部分を箱状のガゼットボックスでホールドする為、従来に無い補強工法となる。

木造住宅の、靭性を向上するための現工法による補強等の工事費用と比較しても、ローコストである。

 

 

  靭性の高い高耐久住宅への提案

 

 

◆編集部よりひとこと:

    一般的には、耐力壁の増設・強化などの補強工事が知られていますが、この工法はベース(基礎部)補強に、ルーフ(屋根裏)補強を加えたダブル施工で、在来工法の弱点であるピン構造に水平耐力も増すことができ、スピーディかつ効果的な高耐久リフォームを可能にしました。

     

質問はカスタマーサービスまで。

カタログお届けサービス

無料見積もりサービス

サンプルお届けサービス

建築Web会員割引

ご注文!ご注文!

 

 

back


建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved