構造系

 

  既存木造住宅の高耐久補強リフォーム(基礎用) 
 
◆ ベースグリッド  製作・販売:グループ・ノヴァ

 

ベースグリッド

構造物が弾性範囲を超えて破断する前にエネルギーを吸収する能力)を高める先進の補強工法。

阪神大震災で多くの家屋が倒壊した根本的な要因は、通し柱の引き抜けにあったといわれています。
数トンにも達したという激しい引き抜きの衝撃から、いかにして家を守るかが肝心。
「ベースグリット」は基礎・土台・通し柱を強力に、しかもバランス良く三連結固定。
厚さ5mm長さ550mmの頑丈なモリブデン鋼板のBGを用い、基礎部にはタフなケミカルアンカーボルトを2本、土台と通し柱にはラグスクリューボルトを計4本、外壁を取り除きフラットに密着させて打ち込むという独自の工法を開発。
さらに、柱に打ち込むボルトの耐力を大きく向上させるため、新開発の「ラグスクリューボルト引き抜け防止台座(特許申請)」を施工し、最大限の引き抜け防止効果を得られるようにしました。

靭性(構造物または部材のねばり強さのこと。

 

 

    住まいの耐震性をアップさせる方法として耐力壁の意新設・強化工事などがよく知られていますが、こうした補強工事に「RG/BG」を加えることで、少々コストは上乗せされるものの(現工法による補強等の工事と比較するとローコスト)より確かな住まいの耐久・耐震効果をもたらすことができます。

    通し柱のラグスクリューボルト引き抜け防止台座を設けることにより、ラグスクリューボルトをパワーアップする事ができます。

    基礎補強材1本に対し、通し柱はラグスクリューボルトをS字状に打ち、基礎部には横方向にケミカルアンカーボルトをしっかり2本打ち込む事により、通し柱に対して理想的で安定したホールドが得られます。

    基礎補強材の構造がボックス状の構造となり、縦方向の引き抜け防止と横方向の圧縮、捻じれに対しても、かかる力を理想的に分散する事ができます。 

    縦方向に三角形状に成る為、引き抜きと筋交いの役目を同時に行う事が出きます。

 

 

●靭性(じんせい)・・・構造物または部材のねばり強さのこと。構造物が弾性範囲を超えて破断する前にエネルギーを吸収する能力。

 


 

 

▼ 靭性の高い高耐久住宅への提案

 日本建築、木造軸組構造の骨組である、木(木材)本来の持つ軽く粘りのある特性を最大限に活かした方向性の中から、地震時の負担を分散させることにより、木造軸組工法の欠点であるピン構造に水平耐力も増すことができ、靭性の高い家屋に生まれ変わることができるのです。
 

 

 

質問はカスタマーサービスまで。

カタログお届けサービス

無料見積もりサービス

サンプルお届けサービス

建築Web会員割引

ご注文!ご注文!

 

 

back

 

建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web
Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved