構造系

 

 オールステンレス/耐震補強システム金物 ◆ KS コボット    株式会社国元商会


コボットとは   特長   施工事例   リフォームにも   費用   
補助金 認定機関   見積り お問い合わせ

KS コボットは ・・・ ガチガチに固める補強とは、”発想”が違います。

    三次元耐震補強コボットとは…

    ■これまでの補強といえば、厚い鉄製金物を使って要所要所をガチガチに固めることでした。しかしこれでは、木造住宅本来のしなやかな強さが無視され、構造体としての全体的な剛性バランスが崩れてしまいます。

    ■コボットは、あらゆる方向からの複合する力に木と共にしなやかに耐え抜きます。

    ■卵に似た可愛い形状が、接合部への力の集中を避け、分散させながら柔軟に受け止めるよう設計されています。

    ■ステンレスの長所を生かし、構造全体をバランスよく補強できます。

    ■仮設資材メーカーとして、科学技術庁長官賞を受けた”柔構造技術”が生きています
    001

■ コボットとは ・・・ 《地震で倒れない強い家を!》

    「コボット」は、木材の接合部に取り付けることで木造建築の急所であるホゾ抜けを防止し、構造全体をバランスよく補強する金物

    ステンレスの長所を生かしたしなやかな補強で、地震には心強い助っ人となります。

    卵に似たかわいい形の理由は、接合部への力の集中を避け、分散させながら柔軟に受け止めるよう設計されているからです。

    木造軸組工法の家の隅々をしっかり護ることはもちろん、ブレースの取付装置としても活躍し、強い壁面を構成します。

    本体と同じステンレス製専用パーツを組み合わせた各種システムで、様々な場所に対応することができます。

    各方向からの力の集まる要の個所で、ある程度柔軟性のあるこの球面によりその力をうまく分布させ且つ全体の均衡を保っています。


 01

 

■ 特長

    新築に!リフォームに!手頃な価格で耐震住宅に!古家にも豊富な実績!

三次元対応 耐震金物 コボット
力を分散させる卵形が、ホゾ抜けを防止します!

ステンレスの粘りと独自の丸型深絞り構造の絶妙な組合せにより、あらゆる方向の力に対して耐震性を発揮します。

    基本:接合補強システム

     
    接合補強システムをベースに、
    壁用木製ブレースシステム・
    壁用ステンブレースシステム・
    水平用ステンブレースシステムがあります。


     


 ▲ コボットは木と共にしなやかに耐え抜きます ]


土台と柱、梁と柱の接合部分を補強します。

リフォームの場合には、腐食した土台や柱を一部入れ替えてコボットを使用すれば、ホゾなしでも柱の位置がしっかりと決まります。

貫通ボルトの場合、引抜強度25.8kN:2630kgf。

 


 


▲ 接合補強システム 


展開1:壁用木製ブレースシステム

材料が入手しやすい木製ブレースを張るシステムです。

45mmX90mm筋交いたすき掛けの場合、壁倍率は4.0倍。

 

 

 


 ▲ 木製ブレースシステム

展開2:壁用ステンブレースシステム

壁用Φ10mmステンブレースの耐力壁は、揺れに強いだけでなく変形しながら粘って耐えます。

ブレースをたすき掛けにすることで理想的な補強が出来ます。ステンブレースは柔軟ですので、たすき掛けにしてもコボットの取り付け位置をずらす必要がありません。

土壁や大きな窓の耐震補強にも有効です。


▲壁用ステンブレースシステム


ターンバックル式の引張ブレースにより、微妙な建ちの修正が出来ます。

既存の土壁では、内側・外側のいずれか一方の壁をはがすだけで取り付け出来ますので、壁を壊す作業も最小限に抑えられます。

展開3:水平用ステンブレースシステム

従来は火打ちのように床・天井面の一部のみを補強する方法しかありませんでしたが、水平用ステンブレースを使えば面全体を補強することが出来ます。台風や地震の際に家に加わるねじれの力に対し、本当に有効な日本初のシステムです。

揺れに対して何かと問題の出やすい3階建住宅や床の強度が不足しがちな吹き抜け部の補強に効果的です。また、1階2階の壁面もステンブレースを使えば、建物全体に「3次元の補強効果」を十分に発揮させることが出来ます。

天井面の梁が邪魔になる時でも、梁上部に小さな穴をあけるだけでブレースが張れます。

 


▲水平用ステンブレースシステム

 

02

 

施工事例
 

《接合補強システム》

 

 

《壁用木製ブレースシステム》

 

 

《壁用ステンブレースシステム》

 

 

《水平用ステンブレースシステム》

03

 

■ リフォームにも
 
リフォーム時こそ、色々なケースに対応可能なコボットを!

    例えば、腐食のある土台や柱を一部入れ替えた場合、ホゾ穴を掘って差し込むことは困難です。「コボット」を使えば、ホゾ穴なしでも補修柱の位置がしっかり決まります。

    ステンレス製専用パーツを組み合わせたシステムで、場所ごと、状態ごとに最適の対応が可能なため、リフォーム時の補強に大きな威力を発揮します。

    古家、神社仏閣の補修には特にステンブレースが有効に利用され喜んで頂いております。
     


ブレースが通るところの土壁を剥って補強した例


▲土壁の内壁側を剥って補強した例


▲新たに壁を作って補強した例


▲水平ブレースで天井を補強した例


▲奈良県の国宝でもある寺社を補強した例


▲郵便局の外観を補強した例


まず耐震補強とは言うものの、やはり住まいの美観は大切にしたい……。

ステンブレースの美しさを生かし、「コボット」による補強そのものをデザイン上のアクセントにしてしまうことも可能です。

もちろん、ブレースも「コボット」本体も、壁の中にすっぽりおさまるサイズですから、通常の壁面に使用する場合、外からはまったく見分けがつかない仕上がりも可能です。

 

 


▲個人宅の大きな採光窓が同時に耐力壁として機能している例


▲個人宅の室内でも違和感のないデザイン
 


▲物販店の窓枠を補強した例


▲個人宅の室内での補強例

04

 

■ 費用

    同じ坪数であってもコボット等の使用量、価格は壁面量等により変わってきますので、一例としてご参考にしてください。

構造

延べ坪

コボット
ステンブレース

材料価格

坪単価

木造軸組
2階建

1F 32坪
2F 18坪
計 50坪

片側張り 31ヶ所
両側張り 9ヶ所

735,000円

14,700円

05

 

■ 補助金 認定機関

    耐震補強金物「コボット」が紹介されている自治体・公的機関をご紹介いたします。

    耐震改修にあたり助成金を受けられる自治体もございます。お住まいの自治体へお問合せください。

  • 国土交通省


  • 耐震補強金物「コボット」は、建築基準法の規定に適合しているとして認定されています。
    国土交通大臣認定書を表示。

    国土交通省の
    「大規模地震対策の現状と今後の対策」のページに、支援制度のある自治体の一覧があります。



  • (財)日本建築防災協会


  • (財)日本建築防災協会の「耐震診断コーナー」のページの「戸建て住宅耐震改修工法・事例 (一覧)」の「].強い壁で地震に強い住宅になります(改修)」に耐震補強金物「コボット」が紹介されています。



  • (財)兵庫県住宅建築総合センター


  • ひょうご住宅耐震改修技術コンペにおいて、耐震補強金物「コボット」は優秀賞を受賞いたしました。

    (財)兵庫県住宅建築総合センター
    「ひょうご住宅耐震改修技術コンペ」のページの「受賞提案」に耐震補強金物「コボット」が紹介されています。



  • 静岡県都市住宅部 耐震ナビ


  • 静岡県都市住宅部建築安全推進室が運営する
    「耐震ナビ」の「耐震補強工法ナビゲーション」のページに、耐震補強金物「コボット」が紹介されています。



  • 奈良県土木部建築課 建築物の耐震


  • 奈良県庁のホームページの「地震に強い住宅・建築物をめざして」の
    「木造住宅耐震改修事例の紹介」のページにて、耐震補強金物「コボット」が紹介されています。



  • 兵庫県住宅防災課 わが家の耐震改修促進事業


  • 兵庫県住宅復興局住宅防災課の
    「わが家の耐震改修促進事業」のページにて、「わが家の耐震改修促進事業」補助対象採用工法として耐震補強金物「コボット」が紹介されています。



  • 東京都が発表した「安価で信頼できる耐震改修工法・装置」に選定される


  • 2006年2月22日 東京都都市整備局発表の
    「安価で信頼できる耐震改修工法・装置」のページにて、「耐震改修工法部門」で耐震補強金物「コボット」が選定されました。今後、事例を東京都のホームページにて公表していく、とあります。

06

 

■ 見積り お問い合わせ

    阪神大震災の教訓をもとに開発されたコボット。これまでの耐震金物とは発想も材質もカタチもまるっきり違います。すべての部材が高級ステンレス製

    1. 1つの金物で何役も兼ねること
    2. 半永久的寿命を持つこと
    3. そして何より生命を守る倒れない家を実現すること
    を思えば十分に納得していただける価格です。

    日本の木の家は、コボットで耐震化出来ます。豊富な施工実績が設計士、大工、そして施主からの支持を証明しております。

    さらに、お見積りのご依頼やご質問、もっと詳しい資料が必要な方は、
    お気軽に 
    メール でお問合せください。

    あなたの家族を守る木の家を手に入れてください。

 

 

◆ 編集部よりひとこと:

 木造の補強金物は多種発売されていますが、このコボットのように「金物が見える」ことを意識して作られたものはなかなか見つからないのが現状です。
このコボットはステンレス製で金物をデザイン表現に取り入れることが可能です。
開口部を耐震壁として活かすことで建物のプランニングの巾が広がります。
もちろん木造のデザインリフォームでも活躍するでしょう。

 

 

質問はカスタマーサービスまで。

カタログお届けサービス

無料見積もりサービス

サンプルお届けサービス

建築Web会員割引

ご注文!ご注文!

 

back

 


建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved