構造系

 

 ◆杭土留塀一体化工法  〜ND圧密工法による特許工法〜   基礎地盤技術協会

 

    ◆塀を立ち上げる土留めや土台にはL字や逆T地方の杭を打ち込む工法や、パイルを地中に打ち込みそこに土台を接続させるパイル接続型などの工法があります。こうした工法を軟弱地盤帯に用いる場合には圧密工法が使われます。

    ◆圧密をかけて岩の柱を形成し、この柱に穴を空け、そこに土留めの脚(杭)を入れて、土留めに鉄筋を通して塀の部分を伸せ一体化させます。

    特許登録:第2811436



杭土留塀一体化工法の特長

    水兵維持力が他工法より強い!
    最小スペースで施工可能
    軟弱地盤で強固に構築
    短工期
    低コスト
     

     

     

質問はカスタマーサービスまで。

カタログお届けサービス

無料見積もりサービス

サンプルお届けサービス

建築Web会員割引

ご注文!ご注文!

 

 

back


建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web

Copyright(C) 2000  ANOCC,INC. All rights reserved