床材

 

  防滑処理剤   グリップパワー   磯部塗装

 

 

 

■グリップパワーとは

    ■特徴

    雨の日の「滑って危ない」を「滑りにくくて安全」に。転倒事故を未然に防ぐ防滑処理技術。

    雨や雪の日に、タイルや石材の上を歩いていると、足を取られてヒヤリとすることがよくあります。また、水に濡れやすいプールサイドや厨房、浴室などでも足を滑らせることがあります。それは、タイルや石材が、水に濡れると滑りやすくなる性質があるからです。

    『グリップパワー』の防滑処理工法は、材質の美観や耐久性などを損なうことなく、短時間・低価格で安全基準を満たす「滑り止め効果」が得られます。
    床材表面に防滑処理剤『グリップパワー』を塗布すると、ミクロンの凸凹を生じさせ、滑り止め効果を高めます。施工の際、騒音や埃の心配もありません。

    ●施工前後の滑り程度の違いがはっきりとわかる確かな滑り止め効果が得られます。
    ●タイルや石材の外観や意匠をほとんど変えることなく、防滑処理が施せます。
    ●従来の処理方法と比較して、短時間・低価格しかも、騒音や埃が発生しません。
    ●毒劇物に属する原料は使用せず、洗い流し工法との相乗作用で施工後の素足歩行も安全です。
    ●特に滑りやすい箇所の部分施工も可能です。

■こんなところで防滑処理剤 『グリップパワー』は活躍します。

    ・ビルのアプローチ
    ・エントランス
    ・タイル張りの歩道
    ・プールサイド
    ・階段やスロープ
    ・浴室やタイルフロア

★平成7年7月1日より施行されたPL法(製造物責任法)を境に、消費者保護やサービスに対する権利意識が高まっています。さらに施設内で事故が起こった場合、「土地の工作物責任」により施設所有者や管理責任者が、厳しく責任を問われる可能性があります。雨の日もお客様に安心してご利用いただくために、そして事故を未然に防ぐために、タイルや石材への防滑処理をお勧めします。

 

 

 

■施工方法

●施工の流れ

 

@タイルや石材表面のゴミや汚れ、油分を取り除きます。

A防滑処理剤『グリップパワー』を全面に均一に塗布します。

 

B凹凸が形成されるまで待機して、効果の確認を行います。

C十分な効果を確認後、プラッシングできれいに洗い流して完了。

 

 

 

■防滑処理剤の効力テスト

    このデータは、メーカー独自のDFテストにより、床用磁気タイルの処理前後の摩擦係数差を測定した試験結果です。

    毎時5キロ以下の歩行速度から毎時15キロまでの自転車走行を想定した結果。
    処理前後の差は5キロで1.97倍、10キロで2.08倍、15キロで2.53倍という確実な防滑効果が得られました。

     

 

 

◆編集部よりひとこと:

     雨の日の石張りの床で転びそうになったことはありませんか?以外と注意してみると、駅の出入り口周囲、デパートの入り口まわりなど、本磨きの石の床は結構あります。今まではでこぼこに表面を加工するコタタキ仕上げにするか、細かい溝を掘り込むしかなかったのですが、こんな塗料があるとはビックリしました。

     

◆推薦理由(建築専門家):

     入り口廻りを石張りにするときに、雨の日を考えて表面をマットにしたりコタタキ仕上げにするのですが、普通の日は汚れが溜まりやすかったり、せっかくのグロスな仕上げがそこだけ変わったりして困っていましたがこの塗料は試す価値有りですね。また、ビルのリフォームやメンテナンス時に使えば転倒防止で石に刻み目をいれるより簡単です。

     

質問はカスタマーサービスまで。

カタログお届けサービス

無料見積もりサービス

サンプルお届けサービス

建築Web会員割引

ご注文!ご注文!

 

back

建てたい人と建築専門家をつなぐサイト。建築Web

Copyright(C) 2000 ANOCC,INC. All rights reserved